クレーター肌やニキビ跡がひどい人が婚活でやるべきコンプレックス対策

クレーター肌やニキビ跡がひどい人が婚活でやるべきコンプレックス対策

ニキビ跡やクレーター肌に悩む婚活中の方に

 

  • ニキビができる原因
  • ニキビ跡やクレーターができる過程
  • 二キビ跡やクレーターにフラクショナルレーザーがいいと言われる理由
  • 肌再生に圧倒的に効果的なホームスキンケア
  • 見事結婚した人や異性の意見

などといった内容でお送りしています。一人で悩まず、有効な情報を取り勇気をもって行動するキッカケとしてこの記事をご覧ください。

 

 

ニキビ跡やクレーターがコンプレックスだと婚活が上手く行かない理由

 

ニキビ跡やクレーターがあまりに酷くコンプレックスを抱えていると、婚活は苦戦します。コンプレックスを抱えていると…

 

婚活女子


婚活女子
私はニキビ跡が原因で男性からキモイと思われてしまう。男性を好きになる資格なんかない。


婚活男子
婚活男子
俺はこんな凸凹したクレーター肌だから女性から嫌われるんだ。女性と目を併せて話すと肌を見られているようで猛烈に恥ずかしい。

 

などと自己否定の感情が生まれ、自己無価値観で頭がいっぱいになって異性の前で笑うことも自己紹介も自然にできなくなってしまいます。

 

婚活で必須の行動力に強力なロックがかかり、本来の自分自身が伝わらず異性と思うような関係性を築けないからです。

 

もし若いころからニキビ跡やクレーターで適齢期になった今も悩みが改善されていないならば、「ニキビ跡やクレーター自体が問題なのではなくて『有効な方法を知らない・知ろうとしない』『やることを本気でやっていない』のが問題」と頭を強制リセットするのがおすすめ。

 

誰しもコンプレックスがあるものですが、間違いなく言えるのはコンプレックスは変われるチャンスを与えてくれており、コンプレックスを超えた人は「本当に人の痛みが分かる優しさ」が備わります。優しさは結婚でどんな男女も求める資質ですよね。

 

まずはニキビ跡やクレーターができる原因から掘り下げ、その後に具体的な対策をお伝えしようと思います。

 

 

ニキビ跡やクレーターができる原因

 

  • ニキビ跡やクレーターができるまで
  • ニキビができる原因

 

ニキビ跡やクレーター肌ができるまで

 

ニキビ跡やクレーター肌ができるプロセスは以下のとおり。

 

■ニキビ跡・クレーターができるまで

 

  1. 毛穴に詰まった皮脂がアクネ菌により分解され遊離脂肪酸へと変化
  2. 遊離脂肪酸が炎症物質gm-cfsを発生させ、毛穴周りに炎症が広がって組織を破壊して行く
  3. 2の炎症反応を抑制するために白血球が毛穴周辺に集まって炎症を鎮めるが、同時に毛穴周辺組織が破壊される
  4. 遊離脂肪酸に活性酸素が発生し、ニキビ跡をさらに破壊する
  5. 同じ場所に繰り返しできるニキビが毛穴周辺をさらに複雑に破壊。
  6. ニキビ跡が真皮層に達すると穴を閉じるようにコラーゲンが猛烈な勢いで増える結果、凸凹としたクレーター肌が形成されていく

 

コンプレックスになってしまうほどクレーターが酷いと感じる場合は、特に5の「同じ場所に繰り返しニキビができて毛穴が繰り返し破壊される」点が原因となっています。

 

 

そもそも、ニキビができる原因とは?

 

「毛穴に詰まった皮脂」が発端となってニキビ跡やクレーターが形成されていきます。ニキビは毛穴に依存して発生する皮膚疾患であり、ニキビができる原因は以下ホルモン由来の過剰な皮脂と毛穴の塞がりにあります。

 

  • ホルモンの刺激を受けて過剰な皮脂が分泌される
  • 角質が毛穴を塞いで詰まりが起こる

 

 

ホルモンの刺激を受けて過剰な皮脂が分泌される

 

ニキビは毛穴の中の皮脂腺から分泌される過剰な皮脂が発端となります。

 

最近では皮脂が過剰に分泌される主な原因として以下2つのホルモンが指摘されています。

 

■ホルモンによる皮脂腺の刺激で皮脂が過剰分泌するパターン

  • ストレスで男性ホルモンが増加
  • 生理前に増加するプロゲステロンの影響

 

 

上の図では毛穴は実にさまざまなホルモンの刺激を受けているのがわかります。

 

その中で最も強烈なのが男性ホルモン、最近の女性の大人ニキビはストレスによって男性ホルモンが増加する点が指摘されています。

 

そして女性で最も実感しやすいのが生理前に増加するプロゲステロンでできやすい生理前ニキビでしょう。

 

プロゲステロンは肌荒れを招きやすいホルモンなのです。

 

ひどいニキビ跡やクレーター肌では、一度この男性ホルモンと女性ホルモンの検査を行ってもらうのをおすすめします。

 

適正値を逸脱していればホルモンのアンバランンスが原因となってニキビ跡やクレーターを形成していると考えましょう。

 

 

角質層が毛穴を塞いで詰まる

 

ニキビの原因となっている過剰な皮脂の分泌は、生まれ持っての皮脂腺の大きさやホルモンの刺激の他、皮膚の乾燥が挙げられます。

 

皮膚の乾燥の反応として水分の蒸発を防ぐために皮膚の中では猛烈な勢いで細胞をつくろうとしており、この結果皮膚の表面と毛穴の中は保水力のない角質細胞ばかりが並び始めます。

 

出典:相沢浩著

下の方の図は毛穴の中に

保水力のない細胞が増殖して

毛穴がふさがっている様子です。

 

しかも皮脂がアクネ菌によって分解されて発生する遊離脂肪酸は皮膚の生まれ変わり・ターンオーバーを遅らせる性質がありますので、保水力のない角質細胞はどんどん肌表面に蓄積し、毛穴が詰まっていくのです。

 

皮膚が皮脂を過剰に分泌させるのは乾燥の防止反応で、肌表面をコーティングして水分蒸発を防ごうとしています。古い角質細胞が毛穴を塞ぎ、毛穴の中には皮脂が詰まる、そしてアクネ菌が繁殖してニキビが形成されていく、これが毛穴の詰まりによるニキビの原因です。

 

出典:花王

 

 

クレーターにもタイプがある

 

凸凹したクレーター肌には、主に3つのタイプがあります。

  • アイスピックタイプ
  • ボックスタイプ
  • ローリングタイプ

それぞれの特徴を判断し、適切な治療法やスキンケアをして婚活に望みましょう。

 

 

アイスピックタイプのクレーター

 

アイスピックタイプのクレーターは以下のような特徴をしています。

 

  • 見た目:数が少なければ「目立つ毛穴」にも見える
  • 開口部:2o以下
  • 患部の深さ:皮下組織
  • 治療法:サイトンフラクショナル(ヤグレーザー)
  • おすすめのスキンケア:
  • メイク:開口部が小さめなのでメイクで隠しやすい

画像の出典:マグノリア皮膚科クリニック

 

毛穴が破壊されている部分がクレータータイプの中でも一番深く皮下組織まで達しており、一般的なレーザーでの治療が不可とされています。ニキビ跡が残る個所を削り取るタイプのレーザーが必要とされます。

 

 

ボックスタイプのクレーター

 

ボックスタイプのクレータは開口部が広く、かつ患部が寸胴な形をしているために凹凸の陰をつくって目立ちやすくなる場合も多くなります。

 

  • 見た目:開口部が4o超で目立ちやすい。患部の深さで見た目の色も左右される。
  • 開口部:4o以上
  • 患部の深さ:表皮〜真皮層
  • 治療法:フラクショナルレーザー
  • おすすめのスキンケア:
  • メイク:パウダータイプのファンデーションで対応

クレーター部分の画像出典:メディア―ジュ青山院

 

患部が表皮近くにとどまる浅いボックスタイプのクレーターは、ターンオーバーを進ませる自宅でのスキンケアで改善する可能性が十分あります。

 

クレーターが広がる範囲が大きくなければ、体質を改善するなどして一定期間様子を見るのも良いかもしれません。

 

患部が真皮に到達している深いボックスタイプのクレーターは自宅でのスキンケアでは改善が難しく、美容皮膚科でのレーザー治療を検討します。

 

まずは患部がどのくらいの深さなのかを判断してもらう必要があるので、まずは皮膚科医や美容外科医の判断を仰ぎましょう。

 

 

ローリングタイプのクレーター

 

  • 見た目:ボックスタイプのクレーターよりは目立ちにくい場合がある
  • 開口部:4o以上
  • 患部の深さ:真皮層
  • 治療法:フラクショナルレーザー
  • おすすめのスキンケア:
  • メイク:パウダータイプのファンデーションで対応

 

クレーター部分の画像出典:nikibinayamikaiketu

 

 

ニキビ跡やクレーターがある人が婚活ですべき〇つの対策

 

ニキビ跡やクレーター肌が傷ついているのは角質層〜皮下組織であり、化粧品に含まれる有効成分が角質層にまでしか到達しないため、自宅で行うスキンケアでは明らかな限界があります。

 

この場合は、ニキビ跡やクレーターの状態・婚活への意気込みによって治療の方法やかけるコストも変えてみましょう。

 

 

具体的には以下のように美容外科などでのレーザー治療を活用するほか、それらの効果を高めるためにスキンケアや生活習慣によるケアをプラスして行うようにするのがおすすめです。

 

  • フラクショナルレーザー治療
  • 自宅でのスキンケア:レチノイン酸・ビタミンC誘導体・イオン導入機器
  • 生活習慣

 

フラクショナルレーザー治療

 

ニキビの後にコラーゲンが猛烈な勢いで増殖して穴を埋めるようにしてできたニキビ跡・クレーターは組織そのものが変性しており、普通の細胞のように古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わるターンオーバーが行われません。正直言ってニキビだと思ったらあまりに残酷な結果といえるかもしれませんね。

 

少し前まで患部が深いニキビ跡・クレーター肌は「高額なレーザー治療費をかけても変わらない」と感じる人が多かったようです。

 

しかし現状ではレーザーに様々な種類が登場し、クレーターのタイプによってどんな照射が適切なのかの考え方が変わってきたため、やり方次第で改善する見込みが十分にあると考えられ、第一印象が重要になる婚活でも頼みの綱は確保できます。

 

酷いニキビ跡やクレーター肌の治療で行われるのは以下2つのレーザー。

  • サイトンフラクショナル(ヤグレーザー)
  • フラクショナルレーザー

 

いずれもフラクショナル(別名フラクセル)というタイプで、まばらに無数の穴を皮膚に開け、皮膚の再生力を活用する新しいタイプのレーザーです。

 

アメリカのFDA(日本の厚生労働省的な位置づけの公的機関)が認可している機械だけあり、安全性が確保されています。

 

 

サイトンフラクショナル(ヤグレーザー):アイスピックタイプのクレーター

出典:シロノクリニック

 

アイスピックタイプのニキビ跡に向くのがサイトンフラクショナルレーザーで、瘢痕部分が皮下組織に到達しているようなニキビ跡・クレーターに向いています。

 

■サイトンフラクショナルレーザーの特徴

  • 皮下組織の瘢痕部分を蒸散させる効果に優れ、患部が深いアイスピックタイプのクレーター・ニキビ跡に有効
  • レーザーの到達を緻密に調整できる(必要な深さまでしか照射しない)
  • レーザー照射によって組織が変性しにくい:治療跡が残りにくい
  • 必要な通院の回数:6回程度
  • 1回の治療後、次回の治療までに必要な期間:2ヶ月程度
  • ニキビ跡・クレーターがきれいに治療できるまでかかる年月:12ヶ月程度
  • 参考治療費例:鼻・頬で1回4万円〜

 

一般的なレーザーをアイスピックタイプのクレーター肌に使用すると熱の変性で色素が沈着するケースもあるようですので十分に美容外科でカウンセリングを受けましょう。

 

 

フラクショナルレーザー:ボックス・ローリングタイプのクレーター

 

フラクショナルレーザーは肌の生まれ変わりを促すレーザーとして現状最も効果が高いと言われます。

 

極小のレーザー照射をニキビ跡・クレーターにあて、1回あたり15%の再生が可能。凸凹した痕跡が残る古い細胞を新しい細胞へと再生させる効果に優れているんですね。

 

【フラクショナルレーザーの特徴】

  • 細胞の再生を促す効果に優れ、ボックスタイプとローリングタイプのニキビ跡・クレーターの治療に向く
  • 6回の通院で90%の細胞が生まれ変わる
  • 1回の治療後、次回の治療までに必要な期間:2ヶ月程度
  • ニキビ跡・クレーターがきれいに治療できるまでかかる年月:12ヶ月程度
  • 参考治療費例:1? 1回1万円〜

*

 

■フラクショナルレーザーによる治療過程の様子

 

 

出典:シロノクリニック

 

婚活中でニキビ跡やクレータを治療したい場合に、うまく治らず治療費だけが飛んでいくといった不満足をできるだけ少なくする必要があります。

 

このため実績が豊富で安全性が確保できるクリニックを選ぶのがおすすめ。

 

希望をストレートに伝え、医師に相談して自分が納得できる治療ができそうか足を運んでみましょう。

 

 

無料カウンセリングお試しができるニキビ跡治療に実績が豊富な美容外科

■東京・横浜・大阪のシロノクリニック
■新宿 もとび美容外科

 

 

日頃のスキンケア:レチノイン酸・ビタミンC誘導体・イオン導入器機

 

ニキビ跡やクレーター肌でフラクショナルレーザーによる治療が終わったら、その効果を着実にするために自宅でのスキンケアも丁寧に行っていきましょう。

 

フラクショナルレーザーは皮膚に極小の穴を開けたり、ニキビ跡やクレーターの痕跡を強力に蒸散させて皮膚を再生していく治療ですので、再生が進むように有効なスキンケアを選べばより望むような効果が得られます。

 

  1. ターンオーバーを促す:レチノイン酸やビタミンC誘導体
  2. 真皮までに有効成分を送り届けるイオン導入器
  3. 保湿成分を生み出せるスキンケアを行う
  4. 男性も活用!肌に優しくニキビ跡をふわっとカバーするミネラルファンデーション
  5. ターンオーバーを促す:レチノイン酸 や EGF

肌の再生を促す具体的なスキンケアとしては、レーザー治療で蒸散させたニキビ跡の痕跡を、新しい細胞への生まれ変わりを促す美容成分を活用するといった方法が挙げられます。

 

 

ターンオーバーを促す美容成分

 

@レチノイン酸

 

レチノイン酸はビタミンAの誘導体と呼ばれており、アメリカではクレーター肌のようなニキビ跡を改善するための治療薬として用いられています。レチノイン酸の効果は以下のとおり。

 

  • ターンオーバーを促す
  • 皮脂の過剰分泌を調整する
  • 真皮層においてコラーゲン生成を促す
  • 角質層でヒアルロン酸の働きを良くし、保湿効果に役立つ

 

レチノイン酸はニキビ跡やクレーターのケアに極めて有効なのがわかります。

 

婚活にレチノイン酸を婚活でのスキンケアに使わないと損と言えるかもしれません。

 

レチノイン酸は日本では認可が降りていませんが、美容外科で取り扱いしているところが多くあるので、レーザー治療のカウンセリング時などに聞いてみると良いと思います。

 

レチノイン酸は薬局などで手に入りませんが、レチノ―ルと呼ばれる美容成分としてお聞きになった方も多いはず。

 

レチノールはレチノイン酸の1/100ほどの効果しか得られないと言いますが、それでもなお日頃の化粧品をレチノール入りのものに変えるだけでもよほど有効なスキンケアになると言えるでしょう。

 

また、コラーゲン生成にはそのサポートとしてビタミンCが必須とされますが、食事から摂取するだけだと変性しやすく尿になって流されてしまいやすい性質があるので、皮膚の上からスキンケアで与えて上げるのが効果的です。ビタミンCには以下のようなニキビ跡に有効な効果が揃っているのでやはり有効活用したいですね。

 

 

AEGF

 

EGFは上皮成長因子Epidermal growth factorで、ターンオーバーを促す効果がノーベル科学賞受賞者によって報告されています。EGFは肌再生を促す治療薬として医療でも活用されています。

 

表皮にはEGFの受容体が存在しており、化粧品に含まれるEGFを与えると受容体が活性化されてターンオーバーや皮膚の再生が促されるのです。レチノールやビタミンC誘導体の他EGF入りの化粧品を活用してみるのもよいでしょう。

 

 

イオン導入機器:皮膚の奥まで有効成分を届ける

 

イオン導入はもともニキビ跡・クレーター肌などの治療で有効成分の浸透性を高めるために行われていました。

 

美容外科や皮膚科で行われていた方法を、家庭用の美顔器で取り組みやすくしているのがイオン導入器機です。

 

イオン導入機器がニキビ跡・クレーター肌に有効と言われる理由は有効成分を皮膚の奥(真皮)まで届ける点にあります。

 

ビタミンCなどの美容成分が電荷を帯びる性質を利用し、ハンディーサイズの器機でマイナスイオンを発生させ、電荷同士の反発する作用を利用して有効成分を肌の奥に送り届けるのです。

 

イオン導入器機は「本当に効くのかちょっと不安」「購入して効果を感じられずすぐに使わなくなりそう」などといった不安があると思います。

 

以下はそんな不安を払拭するような美顔器選びのポイントです。

 

  • 電流がバリア機能を通過、真皮層まで有効成分を送り届ける通り道をつくる
  • 真皮層まで有効成分が届き、再生力を必要とする個所に有効活用できる
  • スキンケアの時間が長すぎず毎日続けられる

 

美容皮膚科のドクターもホームケアの機器としておすすめする方が多い下記のイオン導入器機がおすすめです。

 

15秒でニキビ跡・クレーター肌がお手入れできるので長く続けられそうですね。

 

 

保湿成分を自ら生み出せるスキンケア:HSP

 

一般的な化粧品の場合コラーゲンやヒアルロン酸を混ぜて「うるおいたっぷり」などと謳う場合が多いのですが、化粧品でお肌に与えたコラーゲンもヒアルロン酸も保湿性のリミットがあるので、潤いは飽くまで一過性の効果しか得られません。

 

ニキビ肌では乾燥を原因にその防止反応として皮脂が過剰に分泌されますので、自分の皮膚そのものがうるおいをつくり出せるようになるのが理想的ですね。

 

そのためにできるのは最強の保湿成分セラミドやコラーゲンをつくり出す繊維芽細胞を活性化させるスキンケア。

 

以下は繊維芽細胞を活性化させる成分として注目されるHSP・ヒートショックプロテインの生成を刺激する化粧品。

 

 

メイク:男性もファンデーションをうまく活用しよう

 

正直ニキビ跡やクレーター肌がひどいとメイクを控えたほうが良いのではないかと思えますよね。

 

かといって凸凹してざらつきのある肌のままではどうも婚活なんてできそうありません。

 

もともとのお肌を再生させるにはある程度の時間がかかりますが、メイクは一瞬でニキビ跡・クレーターが変化し、気持ちまで少し明るくしてくれるので、うまく活用すべきです。

 

ニキビ跡やクレーターの治療の途上では、できるだけ肌にダメージを与えないように、皮膚に負担をかけないメイクを心がけ、かつ気になる凸凹をカバーできるメイク道具を使いましょう。

 

  • 肌に負担をかけない:石鹸だけで洗い落とせるタイプのメイク剤(クレンジング不要)
  • 凹凸をカバーできる:厚塗り感がなく、自然な仕上がりでニキビ跡隠しができる
  • プラスアルファの成分:ビタミンC誘導体など

 

ここでご紹介するのはビタミンCが配合された薬用ミネラルファンデーション。

 

ミネラルファンデーションはクレンジングが不要で石鹸だけで落とせるので、肌に負担をかけずにすみます。

 

例えていうならば、生チョコをふわっと包み込んでいるカカオパウダーのように、凸凹のニキビ跡・クレーター肌をカバーし、落ちてきそうなのに落ちない・厚塗り感がなく自然な仕上がりになるので、おすすめの理由なんです。

 

さまざまな色の天然鉱石をまぜ、肌色に近づけてファンデーションにしているので艶メイクもできます(^-^)。メイクを楽しんで婚活にお出かけになってはいかがでしょうか。

 

 

生活習慣

 

ニキビ跡やクレーター肌を治すためには生活習慣で気を付けたいポイントがいくつかあります。

 

睡眠

肌の再生は睡眠中に行われていますので、ニキビ跡やクレーターを治したい婚活中の方は十分に睡眠を取るように心がけましょう。

 

よくお肌のゴールデンタイムは夜の22〜深夜の2時と呼ばれますよね。

 

入眠から約3時間で成長ホルモンの分泌がピークになるといれれており、この時ニキビ跡やクレーター肌の再生もぐんぐん進むのです。

 

また皮膚の再生には自律神経のバランスを調整するのが必須。ニキビの原因としてストレス由来の男性ホルモン増加が皮脂を過剰分泌させていました。神経が高ぶるとこのように女性であっても男性ホルモンが増加するので、このケアとして良質な睡眠を取るのがてっとり早いのです。

 

 

食生活

 

皮膚再生の元になる食事からの栄養については、外食やお惣菜の購入を避け、できるだけ自炊するようにして以下を心がけてみましょう。

 

  • たんぱく質:アミノ酸の原料となる 肉・魚・だいず
  • ビタミンC:コラーゲン合成を助ける いちご、キウイ
  • ビタミンB:アミノ酸の合成を助ける 豚肉、うなぎ
  • 緑黄色野菜 :ビタミンAの摂取として 人参、かぼちゃ、トマト

 

 

また食物繊維も積極的に摂り、便秘により肌荒れが起きやすくならないようにコントロールできるとよいですね。

 

 

ニキビ跡やクレーターで幸せな結婚できた人が知る内面の輝き

 

ここでニキビ跡やクレーター肌でも結婚できた人達が語る結婚観や恋愛観をご紹介します。

 

元クレーター肌の女性
こんな汚肌女の自分で生きた心地がしない時期もありましたが、今では最高な旦那も子供もいて幸せです。私の場合はコンプレックスがあっても人を笑わせるのが好きだったし、明るくしていたのが良かったんだと思います。

 

元クレーター肌の男性
自分の場合は顔がぶつぶつ凹凸で婚活をしてました。今婚活で知り合った彼女は穏やかで理知的な自分を信頼してくれたようです。こんな自分を気に入ってくれた人以外興味持てないです。

 

元ニキビ跡の女性
酷いニキビ跡の自分でもやれるだけケアをやっていたら「メイクすればまともに」変われました。性格はポジティブだから婚活パーティなどでは困らなかったし、自慢ではないですが今では幸せな結婚生活を送っています。

 

元クレーター肌の女性
今の旦那に「私のクレーター肌気にならない?」って聞いたら「一緒にいてとても心地よくてフィーリングが合うからそんなのどうでもいい」と即答されました。

 

どんな人も多少はニキビができます。

 

過剰にニキビができて跡が残りクレーターとなってしまった場合はやはり自信を無くしてしまうものです。

 

しかし上のように「ニキビ跡・クレーターがありながら婚活がうまく行ったパターン」では、必ずと言っていいほどそれを感じさせないような明るさやポジティブさがあるんですよね。

 

それは内面の輝きであり、皮膚のトラブルを感じさせない魅力として映るのでしょう。

 

 

ニキビ跡やクレーターを、異性はこう考えているらしい

 

それではニキビ跡やクレーター肌を異性はどう思っているのか、ヤフー知恵袋などの口コミサイトに投稿されているコメントから拾った情報をご紹介します。

 

ニキビ跡は正直どうでもいい男性
確かにクレーターやニキビ跡は婚活に不利に働くかもしれないけれど、顔の造詣が好みだったりしたら気にならないと思う。笑顔がかわいかったりそっちの方が男にとっては重要。

 

ニキビ跡は正直どうでもいい男性
見た目に惹かれたり食いつきが良くなるのは一瞬。結婚は気がひかれあってするもの。男だったら女性の優しさを皆求めているから、明るく優しさが半端ない女性だったらニキビ跡があっても惚れる可能性が高い。しぐさ、話すときの声の可愛さとかがあれば後は肌は優先順位が低くなります。

 

ニキビ肌の彼を持つ女性
私と付き合い始めた当初けっこうなニキビ跡だった彼は、私と付き合いだしてからお手入れを頑張ってくれたみたいです。元は目鼻立ちがよいけっこうなイケメンだったこともあり、肌がきれいになった今はモテだして他の女性に取られてしまうのではないかと思うほどです。

 

ニキビ跡やクレーターがあっても、それが気にならないような内面の輝きがあると、異性にとって魅力として映るようです。

 

現実的に皮膚にコンプレックスを抱えていると人の痛みがよくわかるようになります。

 

婚活では決して異性の前でうまく振る舞える人だけではないので、そうした「人の痛みが分かる優しさ」は心に染み入るように受け入れられ・惚れられる要素のもなりえるんです。

 

ニキビ跡やクレーターに限らずハンディを持ちながらそれでもなお自分に興味を持って好きになってくれた人は本物の相手。汚肌だから人に見せられないと下を向いていたらそんな本物に気付けません。

 

 

まとめ:

 

これを言っても信じないかもしれませんが敢えてお伝えします。

 

婚活は皮膚に何のトラブルもない男女であってもほぼすべての人が苦しい思いをし、「自分は結婚に向いていないかもしれない」「どうせ異性に愛されない」「自分が出会いたいような理想の人なんていない」などと自己否定やネガティブな感情に苛まれるものです。

 

けれどこれは単なる心の癖です。

 

ニキビ跡やクレーター肌で生きずらさを感じてしまうのは、婚活で誰もが実感するような心の癖と同じ。

 

婚活でうまく行く人はそんな失敗の中かから自分を見つめ直して細かく改善し、凹みながらも結局ポジティブになれている人です。

 

信じるか信じないかは別として「疲れたし、婚活を休んで自分磨きでもしようかな」と気晴らしに取り組んだ先に思いがけないような展開が待っているものなんですよ。

 

他人のコピーじゃなく自分だけの輝きを手に入れたら、「他の同性ではなくて自分」が異性に選んでもらえるチャンス。

 

つまり他人と比べることなく自分だけの魅力を手に入れたもの勝ち。もし本物の相手と出会えたならば、変わった自分にもっと自身が持てるはずです。

 

監修者情報:薬学と美容家によるニキビケアのサイト