結婚相談所のおすすめと選び方・圧倒的効率方法にコストをかける理由

結婚相談所のおすすめと選び方・圧倒的効率方法にコストをかける理由

結婚したくてできないでいる男女に結婚相談所の選び方やそのおすすめをご紹介してます。

 

実際にサイトスタッフが入会して婚活、相談所でカウンセリングを受ける・資料請求・電話のヒアリングで得た情報を元に「本気で成婚する」にこだわった結婚相談所の選び方とおすすめのみを厳選しています。

 

一般の成婚率が5.9%にとどまるのに対して、結婚相談所での成婚率は10〜28%まで飛躍しますので、結婚の可能性を高めてくれる婚活方法であるのは間違いなし。

 

あとは自分に合った結婚相談所をどう選ぶか、です。

 

 

結婚相談所に入会してどのくらい意味があるのか?

 

結婚願望がありながらなかなかうまくいかない独身者はその原因がどこにあるのかわからないまま、

 

「自分は結婚しないほうがいいような気がする、もう諦めて一生一人で生きて行こう。この年齢まで独身だし、もう結婚したいと思える異性には出会えないんだから。」

 

と開き直ったりします。

 

しかし以下のように「一度結婚を諦めた独身者」も数年経って「老後が一人だとなんだし寂しいからやっぱり結婚したい」と思うようになるようです。

 

明治安田社会福祉研究所調べ

 

さらに「結婚したいのに恋人もできない…」と考える男女はその理由を以下のように考えるようなんですね…

 

  • そもそも出会いがない(男性40.6% 女性47.4%)
  • 異性を引き付ける自信がない
  • コミュニケーションに問題がある
  • どのように声をかけてよいのか分からない

2014年リクルートブライダル研究恋愛観調査より

 

死ぬまで未婚の独身者の割合は男性で約1/4、女性で約14%※にまで上がって来ていますが、この中の「結婚願望がありながらできなかった男女」が「成婚率10〜29%」までに引き上がるのが結婚相談所に入会する意味となるでしょう。

 

結婚相談所は「結婚意思が固い男女の出会いの場」をつくる最強の集団だからです。

 

※2015年国勢調査

 

結婚相談所は「マッチングシステムの良さ + 仲人の腕とサポート力 + 会員数 + 支社数」で成婚率を上げてくれるサービス。

 

「独身者が結婚できなかった理由」は実に人それぞれ。

 

「マッチングの難しさ + 独身者ゆえのコミュニケーション能力不足 + メンタルが続かない婚活の厳しさ + 価値観の多様性 (=婚活の問題点)」
などいくつもの要因が挙げられます。

 

現代では自力で婚活するのも無理な理由がそれなりにあって死ぬまで独り身の割合は男性で約1/4、女性で14%となって行くのです。

 

ですので結婚する確率をさまざまな角度でサポートしてくれるサービスに、結婚相談所に入会する意味があると言えるのでしょう。

 

それでは非常に多い結婚相談所のうちどこで婚活をするのがよいのか、その選び方とおすすめをご紹介します。

 

 

結婚相談所の選び方とおすすめ

 

ここでおすすめする結婚相談所は「本気で結婚したい!」と願っている人に向けて以下のように妥協を排除した選び方となっています。

 

妥協なし「本気で結婚したい人」の結婚相談所の選び方のポイント
  • マッチングシステムの良さ:良縁を引き付ける仕組み
  • 仲人の力:サポートとバックアップ体制による独身者の言動修正
  • コスパ:サービス内容に応じた明確な料金体系
  • 会員数や「連盟に参加する会員数」:多様な価値観に対応できる数とバラエティ
  • 支社数:利便性のよさや多様な価値観に対応できる立地

 

結婚相談所のおすすめ・5段階評価で『おすすめ順に』

 

システム

仲人力

コスパ

会員数と連盟

利便性

IBJ

5

4

3

5

5?α

Pエージェント

5

3

2

5

2

楽天オーネット

5

3

4

5

3

ツヴァイ

4

3

3

3

5

ゼクシィ

3

3

5

5

2

エン婚活

4

3

5

5

2

 

以下ではサイトスタッフが実際に結婚相談所で活動してみての視点より、おすすめの結婚相談所を「本当に運命の人に出会えるのか?使えるのか?」レビューしていきますので、まずは気になるところからチェックしてみてくださいね。

 

「本気で結婚したい人」のための おすすめ結婚相談所

  1. IBJメンバーズ
  2. パートナーエージェント
  3. 楽天オーネット
  4. ツヴァイ
  5. ゼクシィ縁結びカウンター
  6. エン婚活エージェント

 

 

IBJメンバーズ

 

IBJメンバーズは奥手な人も”恋愛が苦手なわけじゃないけれど婚期を逃した独身者”のどちらでもなじむ結婚相談所、すべての人におすすめできる万人向きなマッチングシステムが整っています。

 

また仲人のサポートは結婚相談所の中でも一番手厚く、厳しい婚活で挫折しそうな独身者を支えてくれる強力な味方となってくれるんですね。

 

結婚相談所のおすすめ第1位・IBJメンバーズの特徴

 

マッチングシステム

  • マッチングシステムは万人向き(”年齢=彼女いない歴”でも出会いのチャンスがある)
  • 空いてる時間にモバイルでマッチングシステムを利用可
  • 異性の顔写真が豊富に閲覧できる貴重なマッチングシステム
  • 年齢や地域など条件検索の項目を細かく設定して検索できる
  • 仲人の紹介のほか、マッチングシステム自体に「マッチングラボ」や「共感マッチ」などが組み込まれており、自分の目で判断するお相手探し以外に統計学や心理学をベースとしたシステマチックな紹介が定期的に行われる。
  • みんなのフォトは、自然な形で人となりやライフスタイル、趣味を伝えられるツール、そこから異性が自分に興味を持ってくれてお見合いを申し込まれるパターンも増える。
  • 会員限定パーティの数やタイプが豊富【お見合い申し込み数】

マッチングラボや共感マッチによる紹介、自宅のインターネットからの検索いずれの経由からもお見合い申し込み数は年240名

 

仲人

  • IBJの仲人の役割は出会いから結婚までの強力サポート。入会前後の目標設定、お見合い時のすれ違いを防止、交際時両者の間を取り持つ、プロポーズまでの計画の他、挙式・ハネムーン・人生設計に至るまでを相談できる。
  • 仲人の担当会員のリミットは60人。会員の行動パターンや性格を把握できる関係性が築けるよう配慮されている。言ってみれば結婚に至るまですべての相談を受け入れてくれる懐深さを持っているのがIBJの仲人のよさと言える。

 

コスパ

エントリーコースで入会金237600、月会費16200、成婚料216000円。
業界中でも高めな価格設定になっているものの、あらゆる意味でここまで手厚くサポートをしてくれる結婚相談所もなく、コストの高さに見合ったサービスを受けられる。
IBJメンバーズでの価格設定が予算的に厳しければ、「IBJメンバーズのシステムを利用したIBJ加盟の結婚相談所」が一番おすすめ。

 

会員数

IBJメンバーズに加入するのは3663名ほど、他IBJ日本結婚相談所連盟に加盟する結婚相談所1700社によってIBJ連盟の総会員が59000人ほどに上る。つまり、さまざまな結婚相談所がIBJ連盟に加入すること自体が「利用しやすい結婚相談所のシステム」を実証しており、会員数も日本最大を維持している紛れもない証拠。

 

支社数

14支社+IBJの連盟に加入する1700社の結婚相談所

 

おすすめポイント

IBJに入会を検討する場合は、支社が近隣にあるか・予算が合うかどうかを確認、なければ「IBJ連盟に加盟する近くの結婚相談所」で親身になってくれるリーズナブルな場所を探すのが一番おすすめです。
IBJ連盟には毎日30~50名ほどの会員が加入しており、「申込み尽くした」感がありません。一定の入会条件があり、書類提出も厳密なため、一定以上の良質な会員が揃うのもおすすめ1位に推すポイント。

 

 

当サイトスタッフもIBJメンバーズに入会して婚活をしていました。

 

「入会してみて期待と違っていた」といった感想を持つ人が多い中、IBJに関しては全てが万人向きなだけに「期待以上も期待外れもない『ハズレがない結婚相談所』」ではないかと思いました

 

無料の資料請求の模様は下記の通り

 

【IBJメンバーズ無料資料】

IBJ

「お見合いおばさんに無茶なお見合いをさせられそう」

とよく言われるような自虐ネタを自ら語るIBJのパンフ。

活動の流れ、ほっこりする会員の生体験談など

一冊でIBJがどんな結婚相談所かが完結。

 

↓IBJの資料はこんなかんじで

仲人のgood jobエピソードが披露されています。

 

 

パートナーエージェント

 

パートナーエージェントでは「仲人の緻密な働きかけ」によって業界最高峰の成婚率が実現されています。

 

婚活は誰もが挫折するいばらの道。

 

それを仲人の磨かれたスキルと情報でフォロー、会員に合わせたPCDAサイクル(Plan計画 Do実行 Check確認評価 Act見直し実践)が最適化され、それぞれの婚活のパフォーマンスを上げて行くシステムになっているのです。

 

 

結婚相談所のおすすめ第2位・パートナーエージェントの特徴

 

マッチングシステム

  • 仲人によるお相手の紹介や調整
  • EQ、AIによるマッチングシステム
  • 写真による検索
  • 会員限定イベント&パーティ【お見合い申し込み数】
  • 仲人の紹介からのお見合い申し込み:年24名
  • 検索システムからのお見合い申し込み:選択制で可能。ただし有料料金

 

仲人

  • 仲人が相手の仲人とマネジメントを行い、第一段階からお付き合い・婚姻に至るまでを緻密に調整。「相手の交際や結婚に対する気持ちや温度感」を仲人同士で情報を共有しながら二人のすれ違いや穴埋めをしていく。
  • お見合いが成立しない場合は仲人が率先してお見合い相手を紹介
  • 3ヶ月以内にお見合いが目標数に達しない場合は3ヶ月間の月会費を減額する出会い保証制度がある

 

コスパ

入会諸費用135,000、月額会員費17,280、成婚料54,000円。
※パートナーエージェント公式サイトの価格に消費税を加味
仲人紹介型の結婚相談所ではリーズナブル。
成婚率が28%を超えているのが”コスパがいい”と言えるポイント。
なんとしても結果を出したい独身者のほか、職場や居住地から支社が近い人は、一度結婚相談所で無料アビリティ診断を受けたりや資料請求をしてみたりするのがおすすめ。

 

会員数

パートナーエージェント単体での会員は約12000人、一方同結婚相談所は総会員数5.5万人のコネクトシップ(ゼクシィ縁結びカウンターなど)に参加しており、結局「パートナーエージェントに入会するとコネクトシップ会員数の中で婚活できる」。※同公式サイトより

 

支社数

 

おすすめポイント

パートナーエージェントの仲人同士がお目当ての異性との間に入って調整、よくありがちなすれ違いや温度差を微調整していくのが一番のおすすめ。
また前述のコネクトシップ内でのお見合い申し込みや申し受けは追加料金なしで活用できるので、12000人の会員の中で物足りなさを感じずに婚活できるのがおすすめしているポイントです。

 

パートナーエージェントは主要都市にお住いのビジネスマンやOLさんにおすすめします。

 

仕事も頑張る婚活中の独身者にとって「仲人の気が利いた手堅いサポート」と、「緻密なデータ管理」はちょうどよい刺激と腑に落ちる婚活をさせてくれるのではないかなと思います。

 

以下ではパートナーエージェントの無料資料請求の模様です。

 

【パートナーエージェントの無料の資料】

 

パートナーエージェントの入会前の資料では

なぜ成婚率が28%以上になるのか、その秘密である

仲人のサポートについて詳細が説明されています。

まずは資料請求してみて、

よさそうだったら

無料相談に行く、

しばらく仲人候補の

様子をうかがう

なんて裏トライアルを

やってみるのもおすすめ(笑)

 

 

楽天オーネット

 

楽天オーネットの結婚相談所は、モバイル閲覧がライフスタイルの一部になっている人におすすめ。

 

気軽に異性にお見合いを申し込んでカジュアルなお見合いをする現代風のマッチングシステムになっています。

 

成婚率は12%で結婚相談所の中でも高レベルですから、気軽な割には実績が伴っているんですね。

 

結婚相談所のおすすめ第3位・楽天オーネットの特徴

 

マッチングシステム<プレミアムプランのケース>

  • 年齢やお住まいなどの基本条件の検索
  • 顔写真”マッチングした後にメール内のやり取りで交換”というシステム。支社内の検索システム(オーネットパス)は会員の顔写真を閲覧できるが年3回と限定されている。
  • 仲人による紹介やイベント・パーティを希望の場合はそれぞれ有料オプションを選択
  • 48,848人の豊富な会員の中から結婚相手候補探しができる
  • 楽天グループのIT技術を駆使し、プライバシー保護やセキュリティが貫かれたシステム【お見合い申し込み数】
  • 機械によるデータマッチングからのお見合い申し込み:年72名
  • 会報誌やインターネットからのお見合い申し込み:年96名
  • 支社内で写真検索によるお見合い申し込み:年30名

 

仲人

会員データで男女を引き合わせるサービスがメインとなる楽天オーネットでは、”仲人の位置づけは情報の伝達係”などと言われる場合がある。
しかし実際は好感を持たれるメールのやり取りや目標に合わせた”今やるべきこと”の相談など仲人が手取り足取り教えてくれる。
老舗結婚相談所のOMMCから仲人が残っている場合もあり「熟練の仲人のサポート力」に期待もできるでしょう。

 

コスパ

プレミアムプランでは入会諸費用114480、月額会員費15012、成婚料ゼロ円。※楽天オーネット公式サイトの価格に消費税を加味
楽天の良質なデータマッチングを活用してこの価格帯はリーズナブル。
仲人による紹介やイベント・パーティ希望の場合は有料オプションにするなど、ニーズに合わせた料金体系も魅力。

 

会員数

48,848人

 

支社数

全国40支社 サテライトを含めると58拠点
全国どこでも楽天の均一で良質なマッチングシステムが利用可能。

 

おすすめポイント

楽天オーネットで婚活するおすすめのポイントは優良法人会員。
花王、NEC、みずほフィナンシャルグループ、日産など超一流の会社と提携して社員の結婚のアシストが行われています。
そしてマッチングシステムの精度、会員数の多さ、支社数と結婚相談所の婚活に不可欠な条件が揃っているほか、必要であれば有料オプションで仲人の紹介が受けられるというニーズに応じての対応が可能な点は言うまでもありません。
コスパも良いので、自力で”ある程度頑張る自信がある人”に一番おすすめの結婚相談所です。

 

楽天オーネットでの婚活はモバイルまたはパソコンでの活動がメインになりますので、インターネットの閲覧が苦ではない人が合っているでしょう。

 

サイトスタッフが楽天オーネットの結婚相談所に実際伺ったとき、熟練の仲人の明るさ、人間的厚みなど多くの魅力が感じられたようです。

 

下記の無料の結婚診断力テストと無料資料の概要です。

 

【楽天オーネットの無料結婚診断力テスト&資料請求】

楽天オーネット

無料の資料の中に含まれている「ハッピーストーリー」は、成婚された会員の実体験がありのまま描かれています。「交際時のピンチ・結婚したいと思ったポイント・巡り合えた気持ち・出会いのエピソード」など会員のリアルな婚活模様が吐露されており、思わず見入ってしまいます。

 

 

ツヴァイ

 

イオンが母体となる結婚相談所ツヴァイは、優良な法人会員2000社以上と提携が結ばれており、29236名の会員が活動する質と量ともに満足できる結婚相談所です。

 

結婚相談所おすすめ第4位・ツヴァイの特徴

マッチングシステム

  • 年齢や住んでいる場所などの基本条件と価値観
  • 写真閲覧は「自己プロフィール画像の公開OK」としている会員のみに限定される
  • 自己紹介ボードや会報誌によるお見合い申し込み・申し受け
  • 仲人による紹介
  • パーティやイベントと、その後の仲人による引き合わせ

など、良縁を引き付けるさまざまなマッチングの機会が設けられている。紹介からのお見合い申し込み:年72名

 

仲人

仲人は会員の結婚観や考えを配慮し、どのように婚活すべきかを会員に伝える役割。
ツヴァイの結婚相談所システムもデータマッチングが主流のため、仲人の手厚いサポートや紹介を期待する人は前述IBJかパートナーエージェントがおすすめ。

コスパ<アクティブプランの場合>

入会諸費用114,480、月額会員費10,260、成婚料0円。※ツヴァイ公式サイトの料金に消費税を加算
データマッチング型の結婚相談所のコストとしては割安、かつ会員数や支社数も多く、効率よく婚活するだけの条件が揃う結婚相談所。

 

会員数

29,236名 ※2018年2月

 

支社数

全国53支社 いずれの都道府県でも全く同じシステムが利用できる

 

おすすめポイント

結婚相談所ツヴァイで婚活する場合の一番のおすすめポイントは本田技研工業、富士通ゼネラル、イオン、日本郵政など2000社以上の優良企業の法人会員と提携しており、良質な会員が常に入会している点。
各都道府県に拠点があるので、婚活に必須な「結婚相談所に通うための利便性」は抜群によいと言えます。
ツヴァイは地方に居住しながらも住む場所にこだわりのない女性、データマッチング型でリーズナブルな結婚相談所を求めている人におすすめします。

 

サイトスタッフがツヴァイ支社にお話を聞きに行った時、婚活中の独身者が躊躇しがちな部分をうまくフォローしたりソフトに引っ張ってくれているところが印象的だったそうです。

 

下記が無料の資料や恋愛傾向診断の概要です。

 

【ツヴァイの無料資料&恋愛診断】

ツヴァイの無料請求できる資料には、「ツヴァイストーリー・婚活成功エピソード」も一緒に送られてきます。ツヴァイで成婚したカップルの体験談が飾らない言葉で語られており、グッときます。婚活で皆かんじているような”不安だけれどどうしようもない事が、実は杞憂でしかなかった点”なども吐露されており、読むだけで勇気づけられるんです。

 

 

ゼクシィ縁結びカウンター

 

結婚相談所の中で格安の料金体系ながら、リクルートが運営する信頼の結婚情報誌ゼクシィによる結婚相談所お相手探しできるのがゼクシィ縁結びカウンター。

 

プロフィール項目をゼクシィの結婚相談所システムに登録、年齢などデータで会員を探すデータマッチングがメイン。

 

好きな場所で空いている時間にインターネットで検索システムを利用できるほか、仲人による引き合わせは必要に応じ選択制で行えます。

 

結婚相談所のおすすめ第5位・ゼクシィ縁結びカウンターの概要

 

マッチングシステム

  • 居住地や年齢などの基本的な条件をデータ化、会員自身がスマホなどでお相手検索するシステム。
  • スマホ等からのお見合い申し込み:年120名
  • 紹介からのお見合い申し込み:年72名他にはゼクシィが提供している以下のサービスをお好みで婚活に取り入れるようになっている。
  • ゼクシイ恋結び:恋活アプリ
  • ゼクシイ縁結び:婚活アプリ
  • ゼクシイ縁結びパーティ:マッチングパーティ

 

仲人とコスパ

※税込み仲人サービスを付けるごとに月会費が増し、付けなければ格安で利用できる仕組み。以下はその概要

  1. 検索からのお見合い申し込み
  2. 仲人による紹介からの申込み
  3. お見合い成立保証
  4. 面談
  5. 月会費

 

  • <シンプルプラン>@10人A0人BなしC選択制 9,720円
  • <スタンダードプラン>@10人A6人BなしC1/3ヶ月 17,280円
  • <プレミアプラン>@10人A6人B月1人以上C1/2ヶ月 24,840円

 

いずれのプランも仲人と電話やメールでの相談が付いており、行き詰まったときに何でも相談できるような体制となっている。
<各プランの共通料金>初期費用32,400、月会費上のとおり、成婚料ゼロ円

 

プロフィール情報をデータにして結婚相談所のデータベース化、会員同士がその情報を元にインターネットで会員同士の情報を検索閲覧してお見合いを申し込む「データマッチング型」で、かつ一定以上の質を保つ貴重な結婚相談所。
仲人の引き合わせなどもしてもらえるので、活用の仕方をうまくすればコスパが非常に良い。

 

会員数

23,400人
ゼクシイ縁結びカウンターに加入するとコネクトシップに加入する別な相談所(パートナーエージェントやエン婚活エージェントなど)の会員55,000の中で婚活できる。

 

支社数

24支社

 

おすすめポイント

必要に応じて仲人サービスを取捨選択でき、その利用ごとに料金加算されるわかりやすい料金システムがおすすめのポイント。基本のシンプルプランで活動して、足りなかったらスタンダードプランに変更するなどもよいでしょう。

 

女性なら結婚情報誌ゼクシィを知らない人はいないのではないでしょうか。

 

結婚したカップルの成功例をたくさん持っているゼクシィならではのノウハウが蓄積されたのが「結婚相談所ゼクシィ縁結びカウンター」。

 

これまでご紹介した結婚相談所の中でこの点がゼクシイに特異的な点であり、特に女性の会員さんが多い理由なのかもしれません。

 

ゼクシイ縁結びカウンターの無料来店相談もあるようです。

 

 

エン婚活エージェント

 

ここでおすすめする結婚相談所の中で唯一の来店不要型がエン婚活エージェント。

 

自分でガンガン婚活できる!と自身のある人に一番おすすめかもしれません。

 

結婚相談所のおすすめ第6位・エン婚活エージェントの特徴

 

マッチングシステム

  • スマホなどでお相手探し。お見合いをしていくデータマッチング型。
  • 自宅での検索からお見合い申し込み:年120名
  • 仲人の紹介を受けてのお見合い申し込み:年72名

 

仲人

仲人とのコミュニケーションは電話かメール。来店不要。
対面ではないが、エン婚活エージェントは前述パートナーエージェントのコーチングのトレーニングを受けているため、非常に強いバックアップが期待できる。

 

コスパ

入会費用10,584、月会費12,960、成婚料ゼロ円

 

会員数

11,785名
パートナーエージェントやゼクシィ縁結びカウンターなどが協力し合うコネクトシップにエン婚活エージェントも参賀しており、同会員は5.5万人の結婚希望者の中で婚活が可能。

 

支社数

対応可能地域

 

おすすめポイント

来店不要ながら、一般的な結婚相談所のサービスをまるごと利用できるのがエン婚活エージェントのおすすめポイント。
仕事の忙しさから、結婚相談所がオープンしている時間帯に来店できないビジネスマンが一番使い勝手がいいのではないでしょうか。
かといって放置されるわけではなく、困ったときや必要なときだけにガッチリサポートをしてくれるのは魅力的。

 

エン婚活エージェントは来店する必要がない結婚相談所です。

 

それゆえに入会する前に書類だけ揃えて不備がなければいつでも入会して婚活ができるようになります。

 

ゼクシイ縁結びカウンターと仕組が同様な点がありますが、来店不要の手間が省けて数千円コストが割高になるイメージを持つと比較しやすいかもしれません。

 

サイトスタッフがエン婚活エージェントに無料相談してみて、「余計な話や無理な勧誘が一切なく、電話の内容がスマートだった」といった印象を持っていました。

 

Eメールや電話の相談は無料の概要は下記の通り

 

【エン婚活エージェントの無料相談】

エン婚活エージェントでは無料で相談して下さるサービスがあります。まずはメールで相談可能な日時をインターネットで指定して、都合の良い時間に対応してもらうのがおすすめです。

 

 

「婚活は過酷で想像以上に難しい」だから結婚相談所が活用される

 

これまで独身者が結婚できないのは、主に以下のような理由があります。

 

独身者が結婚できない理由
  • マッチングの難しさ(男女で相手の条件が錯綜している)
  • 自分だけの価値観が確立、価値観が合う異性がそれだけ少なくなる
  • 独身ゆえに異性に対するコミュニケーション能力が不足する
  • 婚活自体の厳しさに良好な精神状態・メンタルが続かない(結婚を諦める)

 

4つの?”結婚の障害となっている理由”?に対し、結婚相談所は「マッチングシステム・人的サポート・多様な価値観に対応できる豊富な会員数」などによって成婚率UPの手堅いツールと言えるのです。

 

それでは「独身者が結婚できない理由=婚活の問題点」を打破してくれる結婚相談所の選び方として、

 

  • マッチングシステム
  • 仲人によるサポート
  • 多様な価値観に対応できる豊富な会員数
  • 支社数

を解説、ほか成婚率や入会審査なども含めてポイントを挙げていきます。

 

 

本気で結婚したい人の結婚相談所の選び方詳細

 

はじめに正直にお伝えしますが、結婚相談所の成婚率は100%ではなく10〜28%程度です。

 

しかしはるかに一般の成婚率を上回っているのは確かです。

 

結婚相談所は結婚したいと望んでいる人の情報を異性へ的確に伝えるサービスで、その情報をどう活用するかは独身者次第。

 

結婚の意向が強く集まる人の数がここまで確保できて、しかもマッチングシステム(男女を引き合わせる仕組み)が揃うのは結婚相談所以外にありません。

 

しかし飽くまで「結婚相談所という場のサービスをコストを払って活用する」と割り切ったほうが気持ちよく婚活ができるのではないかと思います。

 

ですから自分の意向に沿ったサービスを提供してくれる結婚相談所を十分比較しながら選び、入会してから不満なく活動できるようにするのが理想です。以下結婚相談所に入会する前の選び方のポイントを妥協無しで挙げていきましょう。

 

重要度★★★★★

  • マッチングシステム
  • 仲人による人的サポート
  • 多様な価値観に対応できるバラエティ抜群の会員数
  • 拠点数
  • 成婚率

 

重要度★★★

  • どんな会員が加入しているのか
  • 入会前の審査
  • プライバシーマーク

 

 

【★結婚相談所の最重要ポイント★】⇒マッチングシステムの良さ

 

結婚相談所のマッチングシステムは「男女の良縁を引き付けるため」の肝となるサービスです。

 

大手の結婚相談所のマッチングシステムには以下のような「男女のご縁を繋げるさまざまな仕組み」があります。

 

  • 結婚相談所の中でまたは モバイルで条件検索
  • 価値観によるマッチング
  • 結婚相談所が開催する婚活パーティ・イベント
  • 会報誌や支社掲示板による自己PRと申し込み
  • 気になる相手とやりとりするメッセージ機能

 

男女の良縁を引き付けるための結婚相談所マッチングシステムが良くなかったら(または自分に合っていなかったら)、キレイごと抜きで婚活はストレスばかりで難航します。各社のシステムをじっくり比較してこだわりましょう。

 

 

結婚相談所内で会員さんのデータが見れるのか?または 自宅PCやモバイルで閲覧するのか?

 

結婚相談所に入会している会員さんの情報をどのように検索できるのか?または閲覧できるのか?は「自分が求める結婚相手を効率よく見つけるため」に一番重要な要素です。

 

以下結婚相談所に入会する際に不可欠な情報となる「自己PR文やプロフィール情報、顔写真」がどこで閲覧できるのかを、大手結婚相談所で比較してみました。

 

結婚相談所の会員さんのデータをどこで閲覧できる?


※自宅とはスマホなどのモバイルを活用したインターネットの閲覧を含む

 

「年齢や職業や趣味・自己PR文などの文字情報」のほか「お顔や表情・雰囲気がどんな感じなのか」をいつでもどこでも閲覧したいなら、自宅のパソコンやモバイルを使って異性を探して閲覧できる結婚相談所がよいでしょう。

 

夜遅く帰宅する、土日休日も仕事が入ることのあるビジネスマンの男性なら以下のような空いた時間で結婚のお相手探しができる相談所が向いています。

 

  • 万人向きにIBJメンバーズ
  • 自分で婚活に自信あり・ゼクシイ
  • コスパがウリ・エン婚活エージェント

 

本人情報やPR文のほか本人の顔写真が揃った上で、次のように大切にしている価値観の合致を重視する人も多いでしょう。

 

 

条件ばかりではなく価値観でマッチング

 

婚活中の男女だったら「価値観が合う人と一緒にいたい」と誰しも願うものですがそうした相手が簡単に見つかる訳でもありません。

 

結婚相談所では価値観が合う相手とのマッチングを高めるために、各社がそれぞれに診断テストなどを設けているのが多くなっています。

 

一例として下記を挙げてみましょう。

 

パートナーエージェント

婚活アビリティ診断:価値観やライフスタイルなどに対する設問に答えた上で、どのくらいの数の異性とマッチングできるかを機械だけで判定。パートナーエージェントの成婚割合は28%を超えており、価値観によるマッチングの精度の高さが影響しているところも大きいです。

 

>IBJメンバーズ

※いずれも相性の度数が表示されます。
共感マッチ:生活スタイルや結婚観に関する30個の設問に答えるようになっています。お目当ての異性が共感マッチテストを行っていれば、異性の価値観を知ることができます。
マッチングラボ:心理学と統計学が基礎となったディグラム診断がベースとなり、定期的におすすめの会員さんとして紹介してくれるシステマチックなシステム。

 

ツヴァイ

恋愛傾向診断:婚活デビューの第一歩として入会前の資料請求と一緒に恋愛傾向診断が可能。自分の恋愛傾向や心の知能指数を知るためのテストですが、自己理解から異性の価値観を理解する助けにもなります。
愛・コンパス:32個の設問に答えて価値観や人となりを反映していく診断テスト。円盤状に診断テストのスコアが描かれ、かつ気になる相手の診断テストとも照らし合わせられるようになっており、おすすめ度や総合判定はマッチングシステムが行ってくれます。

 

診断でストによる価値観マッチングは効率的に結婚相手を探すための有効なツールになります。

 

しかし「会ってみないと分からない」のが本音ですよね。そんな時におすすめしたいのが次の結婚相談所主催の婚活パーティやイベント。

 

 

結婚相談所主催の婚活パーティ・イベント

 

一対一のお見合いよりもカジュアル&気軽に楽しめるのが結婚相談所が開催する婚活パーティやイベント。「結婚相談所に入会している男女」が集まる場なので皆結婚したい意思が固く、かつ大人数でワイワイとした場を楽しめる良さがあります。

 

パートナーエージェント

パートナーエージェントでは会員対象に行われるパーティがあり、コンシェルジュの力量に期待が高まっているためかすぐに定員になってしまうようです。 超有能と呼ばれるパートナーエージェントのコンシェルジュに気になった異性の話を伝えるとその後が強力にバックアップされるからでしょう。お試しで参加も可能なようですので、下記の資料請求予約フォームの一番最後のコメント欄に「パーティお試し参加希望」とお伝えされるとよいでしょう。

 

IBJメンバーズ・楽天オーネット・ツヴァイ

これらの結婚相談所では定期的に会員限定のイベントや婚活パーティが行われています。3社とも趣味や立食など独身男女が気軽に繋がれる場つくりが豊富です。また、パーティやイベントで気になる異性がいれば仲人に伝えてお引き合わせをしてもらえるのも結婚相談所ならではの魅力。結婚相談所のマッチングシステムや仲人の紹介をメインに、サブの活動として結婚相談所主催の婚活パーティに参加を検討するのがおすすめ。

 

4社の結婚相談所が開催するイベントや婚活パーティによるマッチングをご紹介しました。

 

その後の二度目のお引き合わせもドキドキして素敵だと思いませんか?

 

 

会報誌や支社掲示板による自己PRと申し込み

 

楽天オーネット

楽天オーネットでは「新会員」と紹介らん※で、多くの異性からの注目を集められます。入会当初は申し込みをたくさんもらえる”ビギナーズラック的”なチャンスが設けられているんですね。これもあってか、楽天オーネットでは入会数か月内に気になる異性との交際がはじまるケースが多いようです(楽天オーネットデータより)※会報誌でのイントロG

 

ツヴァイ

ツヴァイでは「会報誌において新しく入会した会員の紹介」と「支社内で会員が直筆で行う自己PRボード」がセッティングされています。結婚相談所のプロフィールではある程度の格式が問われますが、会報誌などでは着飾らない人となりを自分の言葉で語れる良さがあります。

 

 

気になる相手とやりとりするメッセージ機能

 

結婚相談所に入会した後、成婚の前に問題となるのが「お見合いの成立率」。

 

気になる相手にお見合いの申し込みをする際「一言メッセージを添えられるかどうか(主にウエブ上で)」がお見合い成立率を数倍にも上げてくれる効果があるからです。

 

以下大手結婚相談所6社でお見合い前のメッセージ交換が可能かどうか比較してみましょう。

 

 

楽天オーネットに関しては「ウエブシステムの最高峰」だけありメッセージ機能や情報開示のタイミングなど随所が冴えわたるシステムになっています。

 

 

結婚相談所で最大の会員数を誇るIBJでは交際前のメッセージ交換が徹底して不可。

 

当サイトスタッフでIBJ会員だったIは「申込時にメッセージ交換出来ないのがもどかしかった」と思ったそうです。

 

 

仲人の目利きやサポート力・バックアップ体制

 

結婚相談所の仲人は、行き詰まる場合があまりにも多い婚活でよき理解者になってくれるパートナーです。

 

自分に合いそうな異性を紹介してくれる目利き、不安な婚活を後押ししてくれるサポート力は心強いものです。

 

しかし仲人も人ですから会員との相性もあり、かつ人間力に差が生まれます。それを埋めてくれるのが結婚相談所による仲人の教育やトレーニングを行う企業のバックアップ体制にあり、また最後は口コミサイトなどに挙がっている評判などが参考になります。

 

以下は大手結婚相談所の教育・トレーニングシステムと各相談所に寄せられている口コミや評判です。

 

IBJメンバーズ

仲人としての職歴に応じ、基礎力養成研修・実践力養成研修などを実施。他各地で研修あり。
?口コミ
・厳しい婚活で愚痴を吐い私に、友人のように叱って見放さないでくれて目茶嬉しくなった。
・いろんな会員さんがいるでしょうから、大目に見てます。いてくれるだけでほっとする存在。

 

パートナーエージェント

会員を挫折させない”コーチングスキル”がベースとなった200時間に及ぶ教育トレーニングシステム
?口コミ
・メールの返信が遅い時がある
・厳しい審査を通過しておりまともな会社です。
・親身に相談に乗ってくれていると思う

 

楽天オーネット

公式サイトに情報なし
?口コミ
・紹介したい人がいるから来ない?って連絡が入ります。自主的な活動がメインだと思ったので意外だった。
・入会が決まらないなら比較した方がいいと言われ、今も変わらず接してくれて満足してます。

 

ツヴァイ

処遇と教育制度の見直しを大幅実施と説明されている。
?口コミ
・初めに会った人と結婚、それから何年もたった今幸せ。仲人よりも出会いの質だと思う。
・説明は的確だったし入会後のサポートも満足6ヶ月後には成婚できてよかった。

 

ゼクシイ縁結びカウンター

公式サイトに明記なし
?口コミ
1年たたずに成婚できて退会する予定です。基本はウエブでの活動がメイン、価格も安価なので仲人にはあまり期待してなかったけれど満足してます。

 

エン婚活エージェント

パートナーエージェントの教育制度を導入。
?口コミ
入会前に電話でカウンセラーに相談してみました。あっさりしてて的確に応えてくれるしべたべたされるのが煩わしい人にはいいと思う。

 

仲人の出会いもまた縁。そして人にはやはり相性というものがあります。

 

結婚相談所の選び方は資料などで料金やサービスなどをじっくり比較してから、実際に結婚相談所に足を運んで仲人の人柄や場の雰囲気を実感してくるのが一番おすすめ。

 

それをしない限り結婚相談所での婚活は何も始まらないと言ってもいいくらいです。

 

 

コスト・コスパ:サービス内容に応じた明確な料金体系

 

下記はここでおすすめの結婚相談所の「1年間婚活してみての年間料金のシミュレーション」です。

 

各結婚相談所とも最安値コースを掲載
※IBJについては★割安な裏技の活用方法★があります。

*税込み金額表示 単位:円

 

「マッチングシステムの良さ・仲人のサポート力・会員数・支社数・成婚率」の項目をトータルで判断、コストに見合ったサービスをしてくれる結婚相談所としておすすめ順に掲載しています。

 

一年間の料金に注目すると「結婚相談所って高いんだな」と思うかもしれませんが、サービスの質と内容に比例するものとして自分に合った場を選ぶのがおすすめです

 

結婚相談所の費用の見どころポイントとは?

 

以下結婚相談所に入会するための諸費用は「サービスが手厚く自信があるから高額設定する(=ここで企業の利益を出している)」という意味ととらえるとわかりやすいでしょう。高額な料金が発生する結婚相談所の料金は明確に解剖していくと、相応の費用として納得できます。

 

■初期費用に含まれるサービス
登録のための費用、写真撮影費用、サポート料金など

 

■月会費を左右している ”であろう” サービス
マッチングシステムの利用料、仲人が会員にどのくらい関わっているか(お見合いのコーディネートやアシストやフォローなど)

 

■お見合い料金
お見合い1回に付き課金する結婚相談所もありますが、おすすめではお見合い料金がゼロ円のみご紹介しています。一方、シティホテルなどでお見合いする際にお茶代は別途個人負担になります。

 

■成婚料
会員同士の結婚が決まって退会する時に相談所へ”成婚後に納める料金”。成果に応じての報酬ですので、設定されている相談所はそれだけ成果にこだわって良心的と考えられます。ヤフー知恵袋などの口コミサイトでは「月額費用を払ってもらって会員に居続けてもらった方が企業の利益になるから、結婚相談所が会員の成婚退会に積極的でなくなるのは理」と考えている人もいるほどです。

 

 

⇒ ★★IBJのエントリーコースと同じサービスを格安で受けられる裏技★★

 

ここで一番おすすめする結婚相談所IBJメンバーズは1年間に要する費用が高額でびっくりする方もいらっしゃると思います。

 

実はご紹介したIBJのエントリープランと同等のサービスを格安で受けられる結婚相談所がありますのでおすすめします。

 

後述で詳細をお伝えしますが、IBJは日本結婚相談所連盟と呼ばれる「結婚相談所の集まり」を取り仕切っている大元で、日本最大規模の会員6万人を保有しています。IBJのマッチングシステムやサービスを利用しながら独自に運営している結婚相談所が1300社もあるんですね。

 

ここでのおすすめはそのIBJ日本結婚相談所連盟に加入している1300社の中でIBJに並ぶサービスを提供してくれる割安な結婚相談所です。

 

下記は無料カウンセリングや資料請求があるIBJ日本結婚相談所連盟加入の割安な結婚相談所ですのでお得感はあります。※年間コストと相談所の場所のみ掲載

 

IBJメンバーズに並ぶサービスを提供するおすすめ「IBJ加盟の結婚相談所」一覧

 

■プライムマリッジ
ウエブに掲載されていない最新プランでの年間コスト176000円 東京・横浜・大阪・芦屋

 

■フュージョンブライダル
年間コスト約20万円 東京・名古屋・大阪

 

■エムズブライダル
年間コスト432,000円 関東・北陸・近畿・九州

 

■クラブマリッジ
年間コスト415152円 東京港区

 

 

会員数や「連盟に参加する会員数」が重要なワケ

 

独身者がなかなか結婚できなかった理由として「価値観の多様化により、価値観の合う相手が簡単に見つからない」といった点が挙げられます。※後述

 

この理由に対して「多様な価値観を持つそれぞれの独身者に合う豊富な会員数とバラエティで応えて悩みを解決してくるかどうか」をポイントにするのが有利に働きます。

 

また結婚相談所同士が結託して別々な結婚相談所の会員同士がお見合いを申し込んだり申し受けしたりするプラットフォーム(連盟の意味とほぼ同じ)が注目されています。

 

以下大手結婚相談所の固有の会員数と相互プラットフォーム(結婚相談所間の協定)での会員数を比べてみましょう。

 

 

相互プラットフォームや結婚相談所どうしの連盟によって豊富な会員数が在籍する結婚相談所を利用し、コストパフォーマンスに納得できる場を活用するのが、このサイトからの一番のおすすめ。

 

 

支社数:利便性のよさ

 

結婚相談所の選び方として重要なのは「支社が自宅や職場から近く、自分の行動範囲内から遠くない」といったポイント。

 

お見合い相手の顔写真を支社で確認しなけらばならない結婚相談所も結構あり、都度支社に通うのは活動に支障や制限もでてきてしまうので、下記の表にあるとおり結婚相談所がどの地域にあるのかを確認しましょう。

 

忙しくいつでもどこでも異性の顔写真やプロフィールが閲覧できる婚活を希望する場合は、下記のように「モバイルやパソコンで相手の顔写真が閲覧できる結婚相談所」を選ぶようにして見てくださいね。

 

 

成婚率

 

結婚相談所の選び方のポイントとしてやはりなお重視したいのが成婚率。入会してみてどのくらい結婚という結果にたどり着けたかは、高額な費用をかけるだけの指標となります。

 

大手結婚相談所エン婚活エージェントでは「成婚の概念は想像以上に曖昧でしかなく、何を成婚と呼ぶかの線引きは難しい」と説明されています。

 

結婚前の退会、結婚式、入籍のタイミングなど成婚と呼べるポイントはさまざまあり、結婚相談所においても定義はあいまいだと言うのです。

 

よってここでは、飽くまで一つの目安として各相談所で公表される成婚率をあげてみました。

 

 

入会に当たっての審査

 

結婚相談所では入会に当たって以下の書類を提出するように求めているのがほとんど。

 

これはある一定の審査基準によって会員同士気持ちよく婚活ができるような配慮と考えられています。

 

  • 独身証明書:既婚者を入会させない
  • 本人確認証:運転免許証など
  • 所得証明書:多くは男性に提出させ、家庭を支える基盤があるかどうかを証明させる
  • 国家資格証明書:医師・弁護士・税理士・公認会計士など国家資格保有で生業をしている場合
  • 学歴証明書:学歴詐称防止

 

割安な婚活サービスの場合はせいぜい本人確認証程度の書類提出を要する程度ですが、結婚相談所は「婚活の最後の砦」と言われるにふさわしく入会に当たって一定以上の審査基準を設けて会員の活動の質を保つように配慮されています。

 

インターネットでの婚活が主流の結婚相談所ではインターネットや紙面で書類を提出させ、相談所の事務手数料費用を抑える仕組みになっています。

 

 

「独身者が結婚できない理由」と結婚相談所の役割

 

これまで独身者が結婚できないのは、主に以下のような理由があります

 

独身者が結婚できない理由
  • マッチングの難しさ(男女で相手の条件が錯綜している)
  • 自分だけの価値観が確立、価値観が合う異性がそれだけ少なくなる
  • 独身ゆえに異性に対するコミュニケーション能力が苦手になりがち
  • 婚活自体の過酷さに良好な精神状態・メンタルが続かない(結婚を諦める)

 

 

マッチングの難しさ(男女で相手の条件が錯綜している)

 

「男性は同年代か10~19歳年下の女性」を、「女性は同年代か自分よりも5~10歳年上の男性」を結婚相手候補として希望する傾向があります。

 

男性は年を取ればとるほど「少しでも妊娠の可能性のある女性」にしがみつこうとする一方、女性は同世代の価値観の合う男性を希望する傾向があり、男女間の結婚条件の擦り合わせがなかなかうまく行かず、マッチング(男女がお互いに結婚を前提とした交際の合意をすること)も難しくなります。

 

ですから結婚相談所ではマッチングの難しさを乗り越えて、結婚条件・価値観・フィーリング・感性などさまざまな要素を取り入れた良質なマッチングシステム(良縁を引き合わせる仕組み)が必要なのです。

 

 

独特な価値観で生きる心地よさと合う相手が見つからない虚しさ

 

ビジネスで関わる相手は抜きにして独身者は毎日が一人で成り立っているので、それだけ自由な価値観が個々に芽ばえます。

 

一方で独特な価値観にフィットする異性がそれだけ少なくなるというリスクも含まれており、それだけ結婚相手探しが簡単でなくなってくるのです。

 

結婚相談所ではこの多様な価値観に合った相手を見つけるだけの豊富な会員数が必要になります。

 

 

独身ゆえに異性に対するコミュニケーション能力が不得手

 

また独身者は独身ゆえに浅い繋がりの関係性になりがちで、誰も自分をよく理解していない・自分も他人を良く知らないのが普通になりがち、結果「結婚するまでに必須な異性とのコミュニケーション」が不得手になりがちです。

 

価値観が合う異性を探し、価値観の合致を確認するにはそれだけ多くのコミュニケーションを必要とするのですが、そもそも異性との会話が成り立ちにくいのです。

 

結婚相談所の仲人は、ちょうど独身者ゆえのコミュニケーション不得手な側面に「言動の癖の修正」を加えてくれるような人的サポート役として活躍してくれるのです。

 

 

婚活自体の厳しさに良好な精神状態・メンタルが続かない(結婚を諦める)

 

婚活の厳しさに挫折する独身者は多く、婚活をお休みしたり仕事も手に付かなくなるような精神的負担を負う人が多いのです。

 

(それまで恋愛が不得手だと感じた経験がない独身者でも多くは婚活につまずきます)婚活は良好な精神状態・メンタルでないと絶対にうまく行かず、ネガティブな思考や表情では乗り越えられるものではありません。

 

いいこともガッカリするようなことも起こりえる婚活で、結婚相談所の仲人は独身者を励ましたり背中を押してくれる立場。

 

そして結婚相談所のマネジメントシステム(データに基づいた婚活の管理システム)や立地の良さ(活動しやすい利便性)が上手くいかない婚活を軌道に乗せてくれるのです。(利便性は具体的に結婚相談所の支社数を目安にします)

 

4つの?”結婚の障害となっている理由”?に対し、結婚相談所は「マッチングシステム・人的サポート・多様な価値観に対応できる豊富な会員数」などによって成婚率を高める最も有効な手段と言えるのです。

 

 

まとめ:結婚相談所は比較・取捨選択・資料請求と現地見学

 

5つの視点で結婚相談所の選び方をご紹介しながら、おすすめも挙げてみました。

 

結婚相手候補がそうであるように、結婚相談所の選び方も目で見て体験してみない事には何も始まりませんよね。

 

各相談所ではそんな婚活のスタートとなるように無料の資料請求や相談などのトライアルを設けていますので、まずは気になるところにコンタクトをしてみましょう!

 

人によっては結婚相談所の在り方が「しつこい勧誘をされそうでちょっと…」と思う場合があるかもしれません。しかし、そんな時は自分のペースや気持ちを大事にして見てください。無理や焦りも必要なければ、逆に遠慮も必要ありません。

 

結婚自体がそれぞれのペースにあるように結婚相談所の選び方もマイペースでやっていきましょう。素敵なパートナーと巡り合えるように祈ってます!