婚活基礎知識編

アラサー・アラフォーにおすすめの婚活方法はズバリバランス戦

更新日:

これから婚活を始めようとしているアラサー・アラフォーにおすすめの「婚活方法」を解説しています。

アラサーとアラフォーの婚活は要らない労力・時間と費用の浪費を防ぎ、「重要な活動と相手」に集中していくかが大切です。ここでは、

  • アラサーとアラフォーが努力・時間・費用のロスを防止すべき理由
  • 「リアル」と「婚活サイトなどバーチャル」な方法をミックスさせて活動すべき理由
  • 複数の活動を通して多くの異性の友人を持つべき理由
  • アラサー・アラフォーのおすすめの婚活方法
  • 筆者が実際に試して分かったことダイジェスト

といった内容でお送りしています。婚活の時間でいらない無駄を体験する必要はありません。ここで、無駄も失敗も少ない婚活がどういったものかを持ち帰ってみてください。

本気のアラサー・アラフォーが無駄を省いて婚活すべき理由

いつか必ず自分にぴったりの異性が表れてそのうち結婚できるはず」と思いながら過ごしていたら、いつの間にかいい歳になっていたというアラサー・アラフォーは多いのではないでしょうか。周りが次々に結婚・出産して「自分だけ独身でお一人様」なのに気付き、ようやく婚活を始めようと思ったものの…自然な出会いを求めて今まで敢えてしてなかった婚活がいきなり実践できるわけでもありませんよね。

アラサー・アラフォーにおすすめなのは「限られた時間を無駄にしない・本当に重要な異性に時間と労力を注ぐ」という考え方の婚活方法です。なぜなら…

25~34歳のアラサー女性は自然出産の年齢制限が、男性は婚活市場でその年齢が最も人気が高い。
35~44歳のアラフォー女性は不妊治療で出産ができなくなるし、男性はそれ以上になると出会い自体が圧倒的に少なくなる。

このような年齢的な理由があるからなのです。いくら「自分は自分」と思っていても「他の婚活中男女と比べて自分の結婚市場価値は変えらるものではない」ので、限られた時間を無駄にできない理由があるんですね。有限な時間だからこそ、結婚に結び付くような異性に時間とお金と努力を注いだ方がよほど将来性が期待できます

これらの婚活方法がこのサイトでおすすめする婚活方法であり「バランス戦」です。

それではアラサー・アラフォーが「努力・時間・費用のロスを防止できる」具体的なおすすめの婚活方法をご紹介したいと思います。

おすすめなのは一つに絞った婚活よりも【複数の活動と異性の友人】

婚活をうまく成功させるには、まずどんな活動が自分に合うかわからない前提で一つの活動を集中して行わず、以下のように複数の婚活方法を組み合わせると効率的です。

婚活方法・戦略

おすすめの婚活方法は

  1. 実際に結婚相手候補と会うの重視するリアル型婚活
  2. インターネットなどを通して結婚相手候補と会うほぼリアル型婚活
  3. インターネットを有効活用する半バーチャル型婚活

3つの方法バランスよく行っていくやり方。はじめからうまくやろうと思わない前提です。

■インターネットを有効活用して行う半バーチャル型婚活
⇒婚活アプリ・結婚相談所(データでマッチング)
*膨大な会員数の中、異性の年齢や居住地などを把握したうえでメッセージの交換を行い、”会う合意が得られたら会ってみる”といった効率の良い婚活ができる。
■インターネットなどを通して結婚相手候補と会うほぼリアル型婚活
⇒合コン・婚活パーティ
*婚活サービス企業が主催する合コンや婚活パーティにインターネットなどを通じて参加申込みする。どんな異性が参加しているか当日にならないとわからないが、10~20人程度の異性と一定時間のコミュニケーションを行えるので効率が良い。
■実際に結婚相手候補と会うのを重視するリアル型婚活
⇒知人依頼のお見合い・趣味サークル
*はじめから異性と会える環境が整った婚活方法なので、コミュニケーションが成り立ちやすい。
三つの婚活方法をバランスよく行っていきたい理由としては、婚活で出会う異性とは基本的に(悲しいほど)刹那的な出会いであり、お互い惹かれ合って交際したいと思える異性とはある程度の数を経験しないと出会えないからです。言ってみれば運命の人はそう簡単に表れないからなんですね。
そして、よさそうな異性と出会ったとしてもいきなり恋人になろうと思わず、”できるなら”複数の異性の「友人として」友交友関係を持ち、仲を深めるのがおすすめです。一人に絞って数か月先に破談になるケースもあり、かつ「結婚相手候補を早い段階で見極めよう」と考えると、お互いに相手を十分に知らない段階で自分だけの判断で異性を不必要に減点して自滅しまう可能性が高いからです。友人として関係性を持てば相手も自分も傷つきません。

結婚に結び付かないような可能性の低い異性に時間と努力を投資して失敗して婚活市場価値が低くなるようだったら、そんな無駄な婚活は排除すべきでしょう。上の3つの婚活方法でバランスよく活動して行けば、だいぶ時間が経過した時点で次の方法を考えなければならないといった致命的なロスを回避できるので、時間が限られたアラサーやアラフォーにとっては有効です。
また、複数の異性と友人として関係性を保つ中では、お互いに恋人として交際したいと望む関係性になる相手が表れますので、心配は不要です。

友達から交際する婚活が圧倒的に有利な理由へ男性版として書かれていますが、女性の場合も全く同じです↑↑

「試してみたら上手く行った」という婚活方法も必ずありますので、苦手意識や食わず嫌い意識をはじめから持たずバランスよくいろんな活動にチャレンジしてみるのが吉と働きます。効果的に婚活を進めていくには以下の婚活の方法一覧のようにそれぞれの方法の特徴をいち早くつかみ、それぞれの利点を分かったうえで有効活用しましょう。

アラサー・アラフォーの婚活方法一覧・その特徴

利用し
やすさ
相手を
選べる
信用性 安全性 第三者
の助言
費用(円)
パーティ ★★★★ ★~★★ ★★ ★★ × 1000~
婚活
アプリ
★★★★★ ★★★★★ ★~★★ × 無料~3000
相談所 ★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★ 30万超
合コン ★★★ ×~★ ★★★ ★★~★★★★ ★~★★★ 4000~
お見合い × ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ お茶代
サークル ★★★ ★~★★ ★★★★ ★★★★ ★★★ 月数千

それでは婚活中のアラサー・アラフォーが効率的にやっていくうえでそれぞれの活動をダイジェストでお送りしていきます。気になるところからクリックしてご覧くださいね。

◆おすすめ婚活方法

半バーチャル系婚活 ほぼリアル系婚活 リアル系婚活
婚活アプリ

結婚相談所

婚活パーティ

合コン

お見合い

サークル活動

多くの人との接点が増えるが、疲労もリスクも伴いがち 10~20人程度の異性と効率的に出会えるが、その場限りになりやすい リスクが少ない一方、出会いの数が限られる

インターネットを有効活用して行う半バーチャル型婚活

婚活アプリ

婚活アプリで異性とマッチングすると
こんな感じで驚き喜んでしまうものです↓婚活アプリでのマッチング

インターネットのサイトで自分のプロフィール項目を入力すると、多くの会員のプロフィールを見て気に入った異性がいれば、アプローチできるようになっています。婚活パーティのように現地に足を運ばず、会員数が爆発的に多く一望できるよさが「婚活アプリを活用している人が婚活アプリを利用する理由」なのでしょう。
様々な結婚観や価値観を持つ人がいるので、運よく自分の価値観と合った人とマッチング出来れば、「価値観の多様さにかなり対応できる有効な婚活方法」となります。

婚活アプリのメリットデメリット

メリット デメリット
・会員数が多いサイトに入会すると、多くの異性と接触できる
空き時間に好みの異性を探せる
メッセージ機能でマッチング相手とやりとりできる
・パーティのように興味のない相手とコミュニケーションする必要がない
・利用料は無料と有料とあり、リーズナブルに使える
・条件検索で異性を探せる
・既婚者が紛れているケースもある
・遊び目的で入会する人がいる(飲み友・セフレなど)
・年齢・年収の詐称が起こりやすい
・プロフィ写真は自画像が必須ではない場合があり、どんな人なのかわかりにくい場合がある
婚活アプリ側の厳重な監視やサポートはないので、トラブルが発生しやすく基本は自己責任

婚活アプリで婚活する場合の流れは以下のとおり。

■婚活アプリによる婚活の流れの一例

  1. プロフィール写真をアップロード
  2. 自己紹介サイトへの必要事項入力(年齢・居住地・出身地・学歴・年齢・趣味・結婚後の子育て家事の分担など)
  3. 身分証明書のアップロード(本人確認書提出)
  4. 気になった異性に「いいね」などのアプローチ
  5. アプローチした相手も「いいね」などのリアクションをくれたら、メッセージのやりとり
  6. 仲良くなれたらカフェなどで初面談 (初見でその先が決まると言ってOK)
  7. 交際

下記はサイトスタッフ達が実際試してみておすすめできる婚活アプリです。

ペアーズ

ペアーズ婚活アプリ

日本最大の会員数を誇る婚活アプリサービスペアーズは、さまざまな人の中から好みの異性を見定めらる婚活方法です。一方結婚に対する意識が人それぞれで、中には「今のところ結婚は考えていない」としている人もいるので、メリットを生かしつつ自己責任で婚活するのがベター。

趣味・出身校・結婚観・異性観などで参加するコミュニティで、趣向・行動パターンが似ている人と繋がれる機能が他の婚活アプリよりも秀逸。コアな共通の興味領域を持つ異性と、メッセージが盛り上がれます。当サイトの一番おすすめの婚活アプリです

  • 会員数:700万人 ※常日頃ログインしているユーザーの数は41万人
  • 月額利用料金:女性は無料から利用可、男性は3480円~

pairs3

ゼクシイ縁結び

ゼクシイ縁結び 婚活アプリ

ゼクシイ縁結びは、結婚情報誌ゼクシイが母体となった婚活アプリサービスで安心して婚活できる良さがあります。かなりしっかりした価値観診断をしてくれて、自己分析に役立ちますよ。

  • 会員数:30万人
  • 月額利用料金:マッチングした際に1通目までのメッセージのやり取りまで無料利用可能、以降のメッセージをやり取りしたいなら有料サービスを2592円~活用。

you bride

youbride婚活アプリ

you brideはミクシィが母体となる婚活サービスです。婚活アプリで空き時間気軽にマッチングサイトを活用できる他、婚活パーティも行われているので、バーチャルとリアルな婚活サービスをバランスよい婚活方法として活用できるでしょう。

  • 会員数:150万人
  • 月額利用料金:会員登録は無料。メッセージ機能を使用する場合は2900円

ユーブライド無料登録

Omiai

omiai婚活アプリ

  • 会員数:200万人
  • 月額利用料金:女性は無料から利用可、男性は2780円~

なおご紹介した婚活アプリのおすすめポイントは以下のとおり。

おすすめの婚活アプリ選定基準

  • 信頼性・信用性重視:一定のセキュリティの高さがあり、身分証明書を提出させるサイト
  • 会員数:大手企業が提供する婚活アプリは会員数が多く、それだけ出会いの確立が高まります
  • 出会い系サイトと間違わない:結婚を目的とした男女が集まる婚活アプリが無難

婚活アプリは登録数数も多く、さまざまな価値観の人がいますので、場合によっては嫌な経験をするかもしれません。しかし、ある程度ガードを固くしていれば逆に良縁に出会える可能性もそれ以上に高いのです。空き時間に気軽にできますのでマイペースで活動したい人の婚活方法としておすすめです。

結婚相談所

日本結婚相談所連盟IBJ

結婚相談所は入会するだけでも相応の費用が必要になるので「婚活の最後の砦:本当に困った最終局面で活用する婚活方法」としての位置づけが大きく、皆気合いを入れて入会します。つまりあらゆる婚活サービスの中で一番高額な費用を必要としているのでそれだけ本気度の高い人が集まるわけなんですね。

実際結婚相談所では「今すぐにでも結婚したい」と考える男女が集まるだけあり、わき目も降らず婚活できるよさがあります。

結婚相談所におけるお見合いのメリットデメリット

メリット デメリット
・会いたくない人を気軽に断れてしまう(それが逆に相手にとってはキツイ)
・条件検索で相手を探せる
本人確認書、所得証明書などの書類提出が必要になり、一定以上の入会資格があるだけあり良質な出会いが期待できる
・信用性・安全性・手厚いバックアップでアラサー・アラフォー独身者の不安要素をサポートしてくれる体制がある
・結婚できなかった独身者に専属の仲人が付いて安心できる
・プロフィール写真と条件検索が相手探しの主軸となっており、人柄はほとんど伝わらない
お見合い自体の成立率が期待したほど高くなく、婚活自体に疲れてしまう場合が多い
・男女で交際したい年齢層にミスマッチが起こりやすい
・お金をかけるゆえに、希望条件をなかなか下げることができず、更に晩婚化しやすい
・コミュニケーションが不得手な人(恋愛下手)が入会する場合が多いのでそもそも恋愛が成立しにくい

ここでは結婚相談所の会員数で日本一を誇るIBJを例にして、実際の結婚相談所で行うお見合いの流れを挙げてみましょう。

結婚相談所におけるお見合いの流れ

  1. 本人確認書、卒業証明書、所得証明書の提出
    婚活サイト(スマホ用アプリ・PCいずれも)でプロフィ画像を提出、自己紹介文を掲載してもらう
  2. 気になる相手にお見合いの申し込みをする
  3. 相手からお見合い承諾の返事をもらったら、日程や場所の調整
  4. お見合い当日(趣味の話、自己紹介など)
  5. 交際するかしないかを後日返答
  6. お互いにOKだったら改めて初デート
  7. お互い本交際の相手として付き合いたい場合はその旨仲介人に伝える
  8. お互いの意思が固まり次第結婚の具体的な話をする

※結婚相談所によって流れや仕組み、システムも異なるので上の流れはあくまで一例です。

結婚相談所でのお見合い成立率は、婚活アプリのマッチング率よりもかなり低めです。この理由は…

結婚相談所のお見合い成立率がそれほど高くない理由

婚活アプリが「まずは友達から、メッセージ交換で仲良くなれば」といった緩めの関係性から始まり、気が合えばお茶でもしましょうといったゆるめの婚活ができます。

結婚相談所でのお見合いは「プロフィール画像やプロフィール文」で「お見合いをするかしないか」の二択を迫られます。少しでも相手の情報に不安があればお見合いを不承諾にして会わない、といったように非常に白黒はっきりした婚活を強いられるからです。逆に婚活アプリのような友人から始まる婚活が煩わしく、結婚に一直線になりたい人にはおすすめです。

>>お見合い成立率はそんなに高い訳じゃないんです!

以下はサイトスタッフが実際に足を運んだり入会してみたりしたおすすめの結婚相談所です。

IBJ 日本結婚相談所連盟

さまざまな結婚相談所が連盟で加入する「日本最大6万人の会員数を誇る結婚相談所」。IBJは年齢=彼女・彼氏いない歴 のアラサー・アラフォーでも、出会いたい異性とマッチングできる非常に良質なマッチングシステムがあります。さまざまな切り口で男女のご縁が引き合うような仕組みになっている点がおすすめの婚活方法・結婚相談所としてのポイントです。

    • 会員数:6万人
    • 費用:入会金165000円、月額費用15000円~、成婚料20万円
    • 成婚率:9.6%
    • 支社数:12(IBJに加盟している結婚相談所は全国で1700社:どこに住んでいようと同じシステム内のサービスが受けられます)

下記ではIBJメンバーズの無料の資料請求とカウンセリングが試せます。よかったらご覧になってみてくださいね。

IBJ
>>IBJをさらに詳しく知りたいならこちら<<

楽天オーネット

楽天オーネットはIBJに次いで多い会員数が多い結婚相談所です。

会員同士が気軽にコミュニケーションできる仕組みが整っている傍ら、楽天のインターネット技術が駆使されておりプライバシーの公開方法にも鉄壁の安心が感じられます。「スーツとパステルカラーのワンピースでお見合い」だけを提供するIBJと比較して、楽天オーネットの場合は映画デートなど肩肘張らないお見合い設定することもおすすめの婚活方法・結婚相談所としてのポイントです。

  • 会員数:48855人
  • 費用:初期費用106000円~、月会費13900円~、成婚料0円※税抜き
  • 成婚率:12.2%
  • 支社数:40

下記では結婚チャンステストと資料請求が無料で行える公式サイトにアクセスできます。婚活を本格的に始める前の自分がどのくらいの数の異性と繋がれそうなのか、試してみるのも面白いかもしれません。よかったらご覧になってみてくださいね。


>>楽天オーネットの詳細をもっと知りたいならこちら<<

ゼクシー縁結びカウンター

結婚情報誌ゼクシイが母体となった結婚相談所がゼクシイ縁結びカウンター。さらにゼクシイの大元はリクルートなので「人材を扱うプロ」、サイト上のマッチングの方法からリアルなお見合いまで工夫が凝らされたシステムになっています。結婚相談所で一番コストを要するサービスである「仲人による紹介や、お見合い・交際前後に至るまでの細かな調整」についてコースで選択できるようになっている点がおすすめの婚活方法・結婚相談所としてのポイントです。

  • 会員数:23400人 ※実際は5.5万人の会員サービスで利用可能
  • 費用:入会金3万、月会費9000~、成婚料0円 ※税抜き
  • 成婚率:非公開
  • 支社数:24

はじめは仲人のサポートをメール相談だけに限定するシンプルなコースから始め、どうもうまく行かないと感じ始めたら仲人の手厚いサポートが得られるコースに変更するにもよいのではないでしょうか。下記は無料で相談できるゼクシィ縁結びカウンター公式サイトへ繋がります。よかったらご覧になってみてくださいね。

ゼクシイ縁結びカウンター
>>結婚相談所ゼクシィ縁結びカウンターについてもっと詳しく知りたいならこちら<<

パートナーエージェント

パートナーエージェントは結婚相談所の中で最高の成婚率を維持しています。会員数はIBJや楽天オーネットと比較して少ないものの、およそ3倍の成婚率が実現している点がおすすめの婚活方法・結婚相談所としてのポイントです。

高い成婚率の理由は、カウンセラーがしっかりとお見合いの2人をサポートする点にあるようです。公式サイトでは成婚率以外にあらゆるデータが公開されており、非公開情報が多い結婚相談所の中で透明性が秀逸なところも信頼が高いでしょう。

  • 会員数:12193人 ※2018年10月現在
  • 費用:初期費用135000円、月会費17280円~、成婚料54000円
  • 支社数:30
  • 成婚率:29.9%

パートナーエージェントは結婚相談所がどういったところなのか気軽に体験できるトライアルとして、無料の資料請求・来店カウンセリング、婚活パーティ(資料請求または来店カウンセリング申込時の『コメント欄に婚活パーティ参加希望』と記載するのがおすすめ)があります。よかったら下記をご覧になってみてくださいね。

パートナーエージェント
>>結婚相談所パートナーエージェントをもっと詳しく知りたいならこちら<<

婚活は足と頭で体験して、ダメだったら軌道修正、成婚に近づいていきます。結婚相談所の活用はいわば婚活の最上級のサービスを受けられますから、お金もそれなりにかかります。無料相談や無料資料請求などをうまく活用して自分に合った相談所を探してみて下さいね。

インターネットなどを通して結婚相手候補と会うほぼリアル型婚活

婚活パーティ

出典:エクシオ

婚活の会場に10~50人くらいの男女が集まって限られた時間でコミュニケーション、気になる相手にアプローチしてカップリングするのが婚活パーティおいてのひとまずのゴールです。

婚活パーティは、初対面の男女同士が僅かな時間の中で入れ違いに話さなければならないので、「一人で大丈夫かな?」と不安を感じる人も中にはいるようです。しかし婚活パーティの場合、基本皆一人で参加するのが普通つまり皆「周りに知人がいない状態で初対面の人と話す」のが前提なので、お互い様なんですね。この点が逆におすすめできる婚活方法としてのポイントでもあります。

婚活パーティは以下のようにメリットデメリットがあるので踏まえた上で参加するとよいでしょう。

婚活パーティのメリットデメリット

メリット デメリット
・相手の顔・表情・人相・雰囲気・話口調が分かり、好みのタイプか生理的に受け付けないかがすぐにわかる
・一度に10~25人の異性に会えて効率的
・リーズナブルな料金
・35歳以上限定など、各会によって参加条件が設けられる場合が多く、自分の希望条件に合う異性と会える
交際OKかどうか、また会えるかがすぐにわかる
・カップリングしても自然消滅しやすい
・限られた時間なので、ある程度の会話術が必要
身分証明書を提出しても年齢詐称する人がいる
・既婚者や遊び目的の人が参加するケースがある(単身赴任中の男性など)
・年収を偽りやすい
・同じ参加者と何度も別なパーティで遭遇するケースもある

多くの婚活パーティの流れは以下のとおり。

■婚活パーティの流れ

受付
婚活パーティ受付
自己紹介カード記入
婚活パーティカード記入年齢・学歴・職業・年収、
婚姻歴・趣味・
好みの異性のタイプなど

トークタイム

アプローチ
婚活パーティアプローチ異性に
また会いたい
気になってます
と言う意味の意思表示を
行います。

カップリング発表
婚活パーティカップリング発表出典:エクシオ

以下はサイトスタッフが参加してみて、「100発100中でカップリングできたわけではなかったけれど、一人以上は『また会いたい!』と思える魅力的な異性がいた婚活パーティ」です。

気軽に参加できる場なので、「まずは見学」といった感じで参加するのもいいと思います。よかったら以下で気になった婚活パーティをご覧になってみてくださいいね。

ゼクシイ縁結びPARTY

結婚情報誌「ゼクシイ」の企業が母体となって行われる婚活パーティゆえに、アラサー・アラフォーが「参加してみたい!」と思えるような楽しい婚活パーティが充実しています。独身者のワクワクのツボを押さえている企画・パーティが多いので、「楽しみながら婚活パーティに参加したい」という人におすすめ。

  • 主要開催地 : 首都圏、関西、福岡、北海道、宮城、広島、九州地方、栃木、新潟
  • 参加費:1000~16000円 ※婚活パーティの種類による
  • 参加年齢条件:20~60歳くらいまで
  • 身分証明書の提示が必要

PARTY☆PARTY

日本で最大規模の会員数を誇る全国結婚相談所連盟IBJが開催する充実した婚活パーティ。結婚相談所に会員登録する「結婚意思が固い男女」が、婚活パーティに参加するケースもあるので、本気度の高い独身者におすすめ。

  • 主要開催地 : 東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、茨城、群馬
  • 参加費:2000~8000円
  • 参加年齢条件:24~50代
  • 身分証の提示が必要

エクシオ

婚活パーティ、婚活合コン、婚活マッチングサイト、結婚相談所と婚活サービスを幅広く網羅するエクシオが開催しています。仕事帰りにふらっと寄れるような婚活パーティが多く、またパーティの種類も豊富、高カップリング率を誇ります。まずは気軽に始めてみたいと言う方におすすめです。

  • 主要開催地 : 首都圏、北関東、近畿、東海、北海道、東北、甲信越、北陸、九州、沖縄、四国
  • 参加費:1000~6000円程度 ※オンライン予約だと割安になる
  • 参加年齢条件:24~50代
  • 身分証の提示が必要

ホワイトキー

ホワイトキーは関東・名古屋・東海・九州を中心に開催される人気の婚活パーティ。婚活パーティを先駆け的にはじめ、今も毎日多くの独身者がパーティに参加しています。

 

おすすめの婚活パーティの選定基準

  • サイトスタッフが参加してみてサクラがいなかった
  • 全国各地で行われている
  • 開催時間や開催頻度の充実度
  • カップリング率が良い
  • 参加者の質が良い(会話をしてて不快になるケースが少ない)

【注目点】時期ごとにそれぞれ参加特典(初回割引特典など)があるので、まずはどこでどんなパーティが行われているか、調べてみましょう。

合コン

合コンは婚活パーティと似たような内容ですが、以下のような違いがあります。

合コン 婚活パーティ
主催者 知人 または 婚活企業 企業や自治体など
目的 人脈を広げる一環で交際や結婚を視野に入れる 交際から結婚
会場 ダイニングバーなど 飲食無しの婚活パーティ会場の場合もあり
参加者の
特徴
既婚者も紛れる可能性がある

※人数不足で既婚者が駆り出されたり、単身赴任中の男性などの遊び目的で参加する場合がある

結婚に前向きな人が集まる
費用 飲食代が含まれて4000円程度 1000円~

合コンのメリットデメリット

メリット デメリット
・知人を介する合コンは知人の知り合いなので、極端な人間性の外れはない
・お酒や食事を介して楽しい会話ができるので、素の自分を見てもらえる
・お目当ての異性に直接交渉できる
・企業のサービスの合コンを活用すると、多くの異性に効率的に出会える
・合コン当日まで容姿がわからない
・交際が破断になったときなど知人に罪悪感を持ってしまう

合コンも婚活パーティも似通っていますが、共通して言えるのは一瞬引き合ってすぐに分かれると言った刹那的な出会いと関係性になりがち、うまく行けばそのまま交際になる可能性も秘めています。ワイワイと賑やかなのが好きな人にはおすすめの婚活方法です。

実際に結婚相手候補と会うのを重視するリアル型婚活

親戚や友人・知人を介してのお見合い

親戚や友人、知人を介してのお見合いは、結婚相談所で行うお見合いよりも以下のようにシンプルです。

知人から紹介してもらうお見合いの流れ

  1. 交友関係の広い知人にお見合いをお願いしてみる(好みのタイプをはっきり伝えよう)
  2. 知人から紹介を受けたら、相手の職業や苗字など大まかな紹介を受ける
  3. お見合い当日(趣味の話、自己紹介など)
  4. 交際するかしないかを知人に後日返答
  5. お互いにOKだったら初デート
  6. お互いの意思が固まり次第結婚の具体的な話をする

迷いを捨て去り、交友関係の広い知人に手あたり次第お見合いを依頼すのがポイントお見合いの引き出しは恥ずかしがるだけデメリットとなります。知人がもし独身で相手を探している知人がいたならばそれだけで知人は「人の幸せに役に立った」と嬉しいものなのですから。

以下が知人を介してのお見合いのメリットデメリットです。

メリット デメリット
知人が見立てた相手なので人間性と社会性に過度なハズレはない

結婚相談所のお見合いのように高額な費用はかからない(諸費用は写真代や服装、お茶代程度)

お断りの際に知人に罪悪感を持ってしまう

自分の好みどおりの異性が来る可能性は低いので、恋愛に発展する感情が初回から湧きにくい

お見合い相手を紹介してくれそうな人…例えば上司、親しい取引先、友人、親戚などリストアップして可能性を見出してみるのがおすすめです。

趣味サークル活動

テニスなど好きなことで集まる団体やサークルに参加するのも有効な婚活の方法です。

メリット デメリット
・趣味を通じて異性との距離を縮めやすい
・共通の趣味で夫婦になってもお互い楽しめる
・結婚相談所のように高額な費用が必要ではない
・交際が破談になったらお互い気まずい
・必ずしも結婚に前向きな異性が入会しているとは限らない

まとめ:婚活方法はバランス戦=「リスク回避の保険」の意味である

「いつか自分にぴったりの異性が表れるはず」と思って何年たつのやら…いつのまにか一年があっという間に過ぎて家と職場を往復するだけの日々になっていたなんてパターンはよくありますが、年齢と時間は待ってくれません。だから、出会いを圧倒的に増やして、無駄なく効率よい婚活方法を実践していく必要があるんですね。それが、3つのタイプの婚活方法を組み合わせるやり方でした。

限られた時間の中で心から大切な異性だと思える相手に時間と努力とコストを思う存分かけましょう。はじめのうちは友人として(^-^)

>おすすめ婚活パーティに参加してみる

>おすすめ婚活アプリの無料登録

>結婚相談所の無料資料請求

友人から交友をじっくり深めて真剣交際へと発展させると圧倒的によい理由↓↓男性版として書かれていますが、女性の場合も全く同じです。
友達から交際する婚活が圧倒的に有利な理由へ

【よく読まれている人気記事】

1

アラフォー・アラサーが結婚できない理由には「自分をどう評価・表現しているか、良縁に巡り合う活動量があるか」といった決定力が関わっています。 これらが圧倒的に決定力不足な状態でアラサー・アラフォーは、負 ...

2

結婚できないのは性格の問題なのかなあ?と考えてしまったことありませんか? ここでは結婚できない理由が性格に問題があるのではないかと考えるアラサーアラフォーのあなたに、その疑問の肝となる答えをお送りしま ...

3

「婚活開始年齢は早ければ早いほどいい」よく言われるこの言葉に、正直「耳にタコができるほど聞いた」なとどため息をついているかもしれません。しかし「一生独身でいようと決めたけれど、『やっぱり結婚しておけば ...

4

【ぽちゃ婚】今なら初期費用オール0円。婚活応援サービス 「私が結婚できないのはブスだから」だと思って結婚自体あきらめようとしている女性に、結婚できるヒントをお伝えしています。 事実男性には「性格ブスな ...

無理やりキス 5

この記事ではひどい目に会ったお見合い体験談として以下のような「初対面でボディタッチ」編をお送りします。 「遠距離恋愛でなかなか会えなさそうだから」と言われて初対面で男性がボディタッチしてきた ボディタ ...

-婚活基礎知識編

Copyright© 早く結婚したいアラサーアラフォーの婚活必勝法 , 2018 AllRights Reserved.