婚活失敗の原因 | アラサーアラフォー女性は余計な物をそぎ落とす対策を

婚活失敗の原因 | アラサーアラフォー女性は余計な物をそぎ落とす対策を

バリキャリ女性

ここでは「『婚活で失敗続き』と嘆くアラサー・アラフォー女性にありがちな原因をあぶり出し、希望条件の見直しをして外見をカジュアルに変えるだけでも婚活が好転する」といった内容をお送りしています。

 

少なからず「結婚対象とならない似たような男性達ばかりに出会い(婚活の失敗パターン)、今もなお独身のまま」、本当に出会いたい男性との出会いが少ないのが事実。

 

ここでは婚活で失敗続きだった女性の実例を元に、同じパターンを招いている原因から法則を見つける、見え方・見せ方だけでも変えれば状況は激変していった対策を公開しています。

 

心の贅肉がアラサー・アラフォーの婚活を邪魔しているという現実

 

婚活が上手くいかず「なんでこんなに失敗続きなんだろう。もう疲れた…」と感じるアラサー・アラフォー女性が非常に多いようです。

 

婚活の失敗続きを招いているのは、「外見」と「結婚相手の条件」といった2大原因があります。

 

アラサー・アラフォー独身女性は一般的に可処分所得が高く、好きなものを買える余裕があり、外見は人目を引く華やかさがある。

 

異性の理想のタイプや結婚条件も比例して高い場合が多くなり、結婚相手の候補が極端に少なくなる(婚活で失敗続きの原因)傾向があります。

 

「私はそんなに派手なほうじゃないし、理想が高くもない」と思うかもしれませんが、自覚していないだけで一般的にアラサー・アラフォー独身女性はほぼ「華やかさと理想の高さ」が中の中より上です。ほんと、自覚しましょう(^-^;そうでないと婚活が延々と進まないですよ。

 

アラサー・アラフォー特有の心の贅肉(いいモノしか選べない)が邪魔になっているのが「婚活が失敗続きの原因」なんです。

 

僕がどんなに「理想高いよ!中の中より上だよ」って言っても『そんなじゃないですよお』って言う。いや理想高くないはずないですから……

 

『派手じゃないし理想高くもない』って言い張り続けるアラサー・アラフォーに一番効果的な「失敗続きの婚活改善策」を紹介します…

 

外見だけでもふんわり系に変えて、結婚相手の条件も緩和してしまえばとりあえずの結婚相手候補の数は増えるって婚活方法。

 

この考え方を仮氏と呼ぶんです※。

 

外見をふんわり系に、結婚相手の条件を緩和して「仮氏」をつくる方法

 

さっそく外見をふんわり系に、結婚相手の条件を緩和して仮氏をつくる考え方を紹介するよ。実際うちの結婚相談所のアラフォー会員さんが試した好事例。

 

【男性が感じている『女性の外見の好み』】

 

芸能人で彼女にしたいランキングを占めるのは、ふんわり系の綾瀬はるかさん、新垣結衣さん、有村架純さんなど。

 

ここに人気が高いバリキャリ系の菜々緒さんや宝塚の男性役出身の女優さんなどは入ってきません。

 

天海祐希さんは好感度タレントの上位に必ず入る女優さんですが、彼女にしたい女性のランキングには入ってない、これはふんわりかシャープか、といった外見のイメージの違いが大きいのです。

男性から見られる印象は変えられませんので、外見で彼氏候補(仮氏)の数を少なくしてしまうのだったら「外見だけでもふんわり系にしたほうがまし」。

 

その後

 

■「男性は視覚から女性を見る生き物」であるのは変えられないのを前提に■

 

「華やか・シャープ・オシャレ ファッション」が多いアラサー・アラフォー女性だったら
「清らか・かれん・かわいらしい ファッション=ふんわり系」に変えてみる。

 

↓↓

私結婚できないんじゃないんですしないんです

婚活ドラマ:私結婚できないんじゃないんです、しないんです。

 

↑この有名な婚活ドラマではカーディガンとAラインスカートのふんわりファッションがおすすめされています。

 

年下君から「今日のファッションかわいいですね」って褒められているシーンです。

 

 

【女性の結婚相手の条件】

 

女性が決めている結婚相手の条件は、当然ながら彼氏候補となる男性の数を少なくします。

 

条件を絞るから結婚相手の候補も少なくなりますね。

 

しかし「公表する結婚相手の条件はゆるめにして、彼氏候補(仮氏)を増やしてから結婚相手の候補も多くした方がよほどましな結果が出ます」。

 

その後

 

見た目派手VS清楚系女子

 

アラサー・アラフォーに共通する「婚活で失敗続き」は「外見」と「結婚の条件」だけを変えてみても激変します。理由は簡単で、彼氏候補(仮氏)を増やしてからだって結婚相手は選べるからです。
むしろ結婚相手候補を増やしてから選んだ方がよほど効率が良く、婚活の失敗続きを止められます。

 

物質的にも豊かになり、目も肥えたアラサー・アラフォー女性の婚活の失敗続きの原因は心の贅肉が招いた結果(よりいいものを求めようとする結果)ですから、スタートラインでまず彼氏候補(仮氏)をふやすために余計なものを省き、増えた候補の中から意中の男性を探せばよいだけなんです。

 

今までの結婚相手の条件はずっとこだわりを持って変えられずにいた女性も多いと思います。しかし条件重視で相手を選ぶと「息苦しさを感じるようになった。」「家に帰りたくなくなった。」とか、という望んでなかったような「結婚で失敗」に突入します。

 

バリキャリ系の女性はカチッとしてシャープ、華やかなファッションじゃないと今さら気持ち悪くなる人多い(笑)。ぼやっとした新人アナみたいなカーディガン姿とか苦手でしょう。

 

けれど男性の目は単純だから一度鉄板ネタの「清らか・かれん・かわいらしい ファッション=ふんわり系」に変えてみたらすぐに失敗続きの婚活は変わってくるよ、という話なんですよね。試してみようかな、そんなに効果的ならば。

 

アラサー・アラフォー独身女性は責任を持って仕事している人が多いと思うから家に帰ってまで仕事並みなピリピリ緊張感のある相手(意識高い系の男性)とか疲れると思うんだよなあ。

 

服装をよりふんわりカジュアルにして、結婚相手の条件を緩和したり、結婚相手候補(仮氏)を増やしたら、「お互いに心の底から一緒にいたいと思っているか」で候補を絞って行きましょう。

 

妥協してダメなのは結婚相手の条件ではなく「お互いの気持ち」です。これを忘れてしまっている独身女性は結構いますから、フラットになって本心に忠実になってみるのがおすすめです。

 

 

アラサー・アラフォー女性が婚活で失敗続きの原因

 

男性は女性よりも不器用だし、プライドが高いし、人から言われて自分を変えるのが苦手です。かたや男性はかなり単純です。

 

だからここは、男性がわかりやすいように「女性が『わかりやすい見た目や見せ方』」にしてあげるだけでもかなり違ってきます。

 

アラサー・アラフォー女性が婚活に失敗していると感じるパターンを以下で解説しますので、気になるところからご覧になってみてくださいね。

 

アラサー・アラフォー女性の婚活が失敗続きの原因

 

  • 希望条件と少しでも違うと論外にしてしまう・ガンコ
  • 活動量そのものが足りない
  • 見た目が派手:容姿が結婚生活と結びつかず、結婚対象外となる
  • お金がかかりそうな趣味
  • 【+α】焦りが男性に伝わる
  • 周りの友人が皆落ち着いている
  • 子供が産めるリミットを考えすぎで男性を萎えさせる

 

 

出会いを自ら減らしてる?

 

アラサー・アラフォー独身女性は、一般的に歳を重ねるごとに異性から声をかけられる率が少なくなるので、積極的に出会いの場を広げる必要があります。出会いの場は以下のとおり「希望条件」×「活動の数」によって変わり、出会いの場が広がっていきます。

 

 

「希望の結婚条件」と少しでも違うと、論外にしてしまう・ガンコ

 

アラサー・アラフォー独身女性の全てがそうではありませんが、結婚相手として見る男性の希望条件が固まってしまい、それ以外は論外と考えるケースが多くなります。

 

希望条件をあまりに固め過ぎてしまうとご縁が広がらず、当然似たようなタイプの男性しか寄って来なくなります。つまり、今までの失敗パターンの男性と似たようなパターンが延々続いてしまいます。

 

失敗パターンだった男性を冷静になって考えてみると、交際当初から結婚対象とならないようなタイプだったはずです。悩まされ、悲しくさせられ、平気で裏切られ、そんなのが失敗パターンだった男性の特徴だったではないでしょうか?

 

現在の希望条件や好きなタイプは過去の交際関係が反映されているものですが、今に結び付いていない過去の失敗事例(過去の交際関係に紐づいた好みのタイプ)は断砂利したほうがよいかもしれません。

 

その失敗事例が成功に結び付いていればいいけれど、そうじゃないのが現実だからですね。

 

だから現状の結婚相手の条件が本当に自分の望む男性と近いのか見直す必要はありそうです。それを「独身女性の理想の結婚相手として挙げられる男性の結婚条件」で見て見みましょう。

 

アラサー・アラフォー女性が挙げる理想の結婚相手の条件

  • 年収が500万円以上
  • 学歴は自分より上
  • 相手の親と同居したくない
  • 離婚歴のある男性は対象外
  • 地域の限定

 

上に挙げたような5つの条件が全てそろった男性を探すのは、トランプゲーム・ポーカーでエースが5枚揃うような難易度の高い婚活です。

 

難易度の高い確率の男性を「理想の結婚相手の条件」としてしまっているのが多くのアラサー・アラフォー女性の失敗続きの婚活の一因に挙げられます。

 

エース

 

 

アラサー・アラフォー女性は目が肥えて当然なので「自分より年収も学歴も上の男性じゃないとちょっと…」といった心理が当然働きやすくなり、どうしても「自分が一緒にいて居心地がよいか?」が抜けやすいんです。

 

けれど「条件がそろったモノ」と結婚するんじゃない。「居心地のよい人」と結婚する!これを鉄則に婚活して下さい。

 

 

アラサー・アラフォー女性の婚活の失敗続きには必ずパターンがあります。

 

そこから抜け出すにはパターンを知り、結婚の障害となっていた「過去の経験からくる心の贅肉(いいもの・強条件しか選べなくなってしまっている状態)」をそぎ落とす作業が必要です。

 

つまり結婚を邪魔していた「いいモノ志向」を一度置いておいて、本当の幸せに繋がるような身近な喜びや楽しさをまず見つけに生きましょう。

 

それが結婚相手候補=仮氏探しです。

 

仮氏とは初めから「自分の結婚相手としてふさわしい男性か?」を考えずに、一緒にいて心地よい男友達かどうかを重視して食事などを楽しむ男友達です。

 

はじめから結婚相手かどうかを判断しようとすると僅かなウイークポイントも容赦するのが難しくなり、些細な出来事で破談になりますが、友人だったらそんなキツイ目で見ないのが功を制します。

 

また、活動の場が広がっていない原因は、次のように「婚活の数」自体が足りていない場合もあります。

 

 

活動の数が足りていない

 

実際「家と職場を往復するだけの日々」を送るアラフォー・アラサー女性は多く、当然ながらそんな生活してたら出会いの場なんてほとんどありません。

 

婚活を始めたばかりのときはとりあえず婚活パーティに絞る人は多いと思います。

 

けれどすぐに「婚活って地獄・悲惨・辛い」ってなりがちなんですよね。

 

よく活用されている婚活方法とアラサー・アラフォー女性のよくあるネガティブな実感を挙げてみましょう。婚活で失敗続きなのは釈さんだけじゃないですから。

 

婚活方法 アラサー・アラフォーのよくある失敗談
婚活アプリ
  • 出会い系サイトと混同する男性に遭遇し、良縁に恵まれない
  • メッセージを数回やり取りしてフェードアウトした
婚活パーティ
  • 一人と話す時間が短すぎて、合いそうかどうかわからない
  • カップリングが成立しても、その後長く続かないで自然消滅
結婚相談所
  • 自分の好みの人からお見合いを申し込まれない、申し込んでも成立しない
  • 女性の扱いが苦手な人が来る場所なので、コミュニケーションが成り立たない
  • 結婚相談所は婚活の最後の墓場とされるだけあり、一癖も二癖もあるようなどうしようもないような男性が揃っていた。

 

なかなか婚活の失敗から抜け出せないと、「自分の思い描いていたような婚活ができない」と感じて次第に気持ちが沈んでくると思います。

 

すると、婚活自体積極的になれなくなって、最悪は「一生独身でもいい」と決めつけてしまう。

 

それを「勘違いからくるお一人様決断」って言うんですよ。
それほど無駄なものもないです…。端的に言って男性を見る眼鏡が年の功で曇ったり鈍ったりしているだけです。正常に男性を判断できる視点を取り戻せば、ふさわしい男性が表れますよ!

 

複数の婚活を組み合わせて「一つダメでも他がある。」という状態にするのが重要で、他を試したらうまく場合があるので、下記のようにバランスの取れた婚活をするのがおすすめです。

 

 

見た目が結婚生活と結びつかず、結婚対象外扱いされる

sex and the city

出典:sex and the city

 

アラサー・アラフォー女性は、自分に合う服装も知っています。これは自然と良質で高い服を買い求めるのも、いいものを知っているからこそできるテクニックなんですよね。

 

良質な服装は人目を引くので「華やか、けっこう高そう」という印象を持たれます。

 

しかし男性は「遊び相手」としてなら派手な女性と付き合うのもよしとしても、「結婚相手」となると過度に人目を引く高価な服装の女性を選ぼうとはしません。他の男性に取られたり、お金がかかりそうな女性とみてしまうからです。

 

ここでバリキャリ系女性がやってしまいがちな服装と、引き寄せてしまう男性の特徴を挙げてみましょう。

 

婚活で嫌煙されがちなバリキャリ系女性の外見

バリキャリ女性

  • 肌の露出も体のラインにフィットさせるのもオシャレのうち
  • 服の素材が、高そうに見える(光沢など)
  • 服の柄が派手、色が鮮やか
  • アクセサリーが目立つ
  • ばっちりメイクや、ネイルによる装飾

 

【引き寄せてしまう男性の特徴】

 

  • 結婚以外の目的(例えば遊び・飲み友・セフレなど)
  • 婚活中なのにまだ若いころの刺激的な恋愛から抜け出せない男性
  • 見た目に騙され、飽きたらすぐに冷めてしまう

「失敗続き」と嘆くアラサー・アラフォー女性は見た目には必ず同じ原因が含まれています。上のように服装だけで結婚に結び付かない男性を引き寄せてしまうのですから、そうした服装をやめるしかないんですよ!

 

見た目だけでもカジュアルスタイルやフェミニンに変えると、それだけで彼氏候補が増えるっていう、なんか嘘みたいな魔法に思えるかもしれませんが( ;∀;)もう婚活でのある意味儀式(皆通る拷問みたいな道)だと思ってやるしかないです。

 

 

カジュアルスタイル〜ふんわり系フェミニン女性:これが婚活の鉄板モテ

ふんわり女子

 

  • ワンピースやフレアスカートなどフェミニンな印象
  • 服の素材はコットンなど
  • 服の柄は控えめ、パステルカラー
  • ネイルはしていても一色だけなど目立ち過ぎない

【引き寄せる男性の特徴】
ほぼすべてのタイプの男性

 

意外と簡単な対策ですよ。メーカーでいうと、無印良品とかユニクロなどの服を着るのを目標にしてみてください。実はこれ、成功事例多数の秘策なんです。失敗続きのアラサー・アラフォー女性は一度お試しを。見た目であと一つ、ネイルについても見てみましょう。

 

最近ではネイルで爪の先まで小ぎれいにするのが女性のライフスタイルになっており、珍しくなくなっています。

 

ネイルをする女性は華やかな印象を与え、男性が多い職場などではひと際紅一点のイメージを際立たせます。

 

しかし結婚相手を探している男性の多くは、ネイルをしている女性が美味しい料理を作ってくれるイメージがどうしても湧きません。

 

「おいしい料理を出してくれる奥さん、赤ちゃんをやさしく抱っこする母親」とは想像しがたく、ネイル女性は倦厭されがちなのです。

 

ネイルでオシャレをしたり、好きな服を着たりして何が悪いの?と疑問を持つのも分かるのですが、男性の本音「健康な子供を産んでほしい」という種の保存本能は絶対変えられませんよ。少なくてもネイルしている女性をいいと思う男性心理は少なからず『遊び目的』が含まれています。

 

婚活で男性に倦厭される女性は 「自分大好き人間に見えてしまっている事にうとい自覚」にも大きな原因があります。

 

容姿や服装などの外見、そして次にお伝えする「金銭感覚がわかりやすい趣味」に対して、男性は「結婚生活になじむのか、家計を潰し損ねないくらいの費用が必要なのか」といった視点で見ています。

 

外見と趣味はお金の使い方を示す価値尺度の一つであり、そこに「旦那さんや子供のケアに十分な価値感を持てるのかどうか」を見られているのです。

 

 

お金がかかりそうな趣味

バレエの習い事をする女性

 

アラサー・アラフォー女性は一人の時間が多いので、趣味を持たざるを得ないでしょう。

 

しかし婚活中の男性に嫌煙されそうな趣味はありますので、注意をしておきましょう。

 

婚活中の男性に倦厭されがちな女性の趣味と男性が持つ印象

 

  • ワイン:ワイン好きは構わないけど、自分が知らない所で飲み歩きされたら嫌
  • バレエ:衣装が派手でお金かかりそう、男とくっついて踊っているんでしょ?
  • 華道:いつも家に生花飾っていてお金かかりそう
  • 乗馬:ブルジョワか…
  • ペット:ペットを養える経済力があるなら男が出る幕がないし、癒し足りてる

 

上は一例にすぎませんが、男性が嫌煙するポイントは「費用の相場」と、「自分が入り込める世界か?」どうかです。

 

婚活中の男性も「共通の趣味を相手と一緒にできたらいいな」と考える人が多いので、その中で男性が入っては違和感を感じさせるような趣味や、お金がかかりそうなものはドン引きされてしまいます。趣味そのものが悪い、というのではなく「飽くまで男性から見た第一印象」にすぎませんが。趣味を止める止めないとかではなく『男性が引く趣味はとりあえず婚活中に公表しない』に限ります。

 

例えば婚活で出会った初対面の男性に「僕の趣味は車なんだけど、飽きっぽいからすぐに売って新しいのにとっかえひっかえするんだよね。」と言われたらとてもいい印象は持てません。

 

BMW

 

どんな趣味でも自分が楽しくて人に迷惑をかけなければ何で楽しんでも構いませんが、婚活で不利になるくらいだったらまず言わないほうが無難。

 

関係性が深まり、親しくなったら「こんな趣味で楽しんでいるんだ」と小出しにした方がずっと好印象です。

 

 

【?α】焦りが男性に伝わる

 

女性の焦りが男性に伝わるパターンは結構ナイーブな話です。

 

ガツガツしたり鼻息荒くしたりすると男性はそれだけで気分が萎えます。女性側は二人の関係性、男性のキャリアを考慮して「結婚を詰めない、急がない、居心地の良い関係性を保ってあげる」これを鉄則にしましょう。

 

以下では結婚相手の条件や見た目以外に失敗続きの原因と考えられる点を挙げています。

 

 

周りの友人が皆落ち着いているから早く結婚したい

 

周りの友人の結婚式に出る回数が増えると、いよいよ女性は「自分も結婚しないと」と考えるようになります。彼氏持ちの女性の場合は特に注意が必要です。

 

『早く結婚したいのに、彼がなかなか結婚の意思を固めてくれない』

 

などといった思いでお付き合いをしていると言動の節々に「早く結婚したいアピール」が出てしまい、彼にそれが重く伝わってしまいます。

 

例えばこんな会話。

 

「結婚したらこんなお皿とか家具を買いそろえたいなあ…。
そういえばこの間友達の赤ちゃんを抱っこしてすっごく可愛かったよ。」

 

男性は女性が思う以上に結婚を重く受け止めており、容易に結婚について触れようとしません。自信を持てないと女性の早く結婚したいアピールがとても重く感じてしまうのです。

 

男性は「女性の結婚したいガツガツが苦手」、ガツガツしたら逃げられます!

 

けれど母親みたいなわがまま何でも聴いちゃう女性になったら男性は付け上がってダメ男になります。

 

これは失敗って「母親になってダメ男君を製造する」ってパターンです。

 

数年交際して破談になるのも時間のロスなので… なんでも言い合える関係性を普段から築き、何気ない会話の中で重くなり過ぎない程度に結婚の意思があるかどうかをさらっと聞けるようにしておきましょう。

 

もしそれであなたの満足するような答えをしてくれなかったとしたら、それまでと諦めるのも必要です。

 

 

子供が産めるリミットを考えすぎて男性を萎えさせる

 

女性は36歳を過ぎると出産できる可能性が急激に低下しますが、こんな焦りは男性にとって無益。男性は基本勝手で単純・気まぐれな生き物ですから女性の焦りなど気付づくはずがないです。

 

男性に「出産にはリミットがある、だから結婚を考えているかどうかを知りたい」などと露骨に聞いてしまうと気分が萎えてしまう場合が多いですね。

 

9割超の男性は子供が欲しいと思ってはいると思うけれど、自分の意識が固まっていない段階で、または相手の女性と結婚するかどうか決心がついていない状態でその質問をされるのはどうも嫌なんでしょう。 なんかイライラしますけれど(笑)

 

姪や甥ができてだっこしたりして初めて子供を意識し、「弟が妹が子供を設けているのだから俺もそろそろ真剣に考えないと…長男の顔が立たないヤバイ。」などとようやく考えだします。

 

近親者から自然な形で子供の存在を突き付けられたり、飽くまで日常的に子供もかわいいものだなと思うようなシチュエーションがあって初めて子供を設けたいと意識しだすのが男性です。

 

子供をあやす男性

 

目に見える形でないと子供のことなど意識しにくいのが男性で、この感覚はかなり後からぼんやりついてくるものだと考えましょう。

 

女性が「子供を埋めるリミット」を意識した自発的な危機管理意識と、男性の子供が欲しいと思う動機は全く別物なのです。

 

結婚を意識してもらおうと必死になるほど男性は逃げていきます。それよりはあなたと一緒にいると居心地がよくて安らげると思ってもらった方がよほど近道です。急がば回れ、ですね。

 

 

まとめ:男性の特性を理解して賢く立ち回ったほうが数十倍得する

 

実際あなたを気に入ってくれそうな彼氏候補を増やしてからでも、あなた好みの男性は余裕で選べるんです。だから少しだけ見方や考え方を変えて賢く立ち回りましょう。

 

居心地が良くて心から安らげるような結婚相手を見つけるには、これまでアラサー・アラフォー女性が生きてきた経験から余計な価値観をそぎ落とす必要があります。