ダメな戦略で婚活に絶望した人が読むブログ

早く結婚したいアラサーアラフォーの婚活必勝法

婚活基礎知識編

婚活失敗の原因 | アラサーアラフォー女性は心の贅肉を落とすだけでOK

更新日:

婚活中のバリキャリ系アラフォー女性

ここでは「『婚活で失敗続き』と嘆くアラサー・アラフォー女性にありがちな原因をあぶり出し、希望条件の見直しをして外見をカジュアルに変えるだけでも婚活が好転する」といった内容をお送りしています。

少なからず「結婚対象とならない似たような男性達ばかりに出会い(婚活の失敗パターン)、今もなお独身のまま」、本当に出会いたい男性との出会いが少ないのが事実。同じパターンを招いている原因から法則を見つけて見え方・見せ方だけでも変えれば状況は激変するのです。

アラサー・アラフォー独身女性は仕事をしっかり行ってきているので、自信に満ち溢れ、素敵で魅力的な人が多いでしょう。しかし今まで積み上げてきたさまざまなものが贅肉となって重たくなり、結婚に結び付く交際には邪魔になっているので”見え方だけでもそぎ落とすだけ”なのです

心の贅肉が婚活の邪魔してない?

アラサー・アラフォー女性

婚活が上手くいかず「なんでこんなに失敗続きなんだろう。もう疲れた…」と感じるアラサー・アラフォー女性が非常に多いようです。

婚活の失敗パターンを招いているのは、「結婚相手の条件」と「見た目」2といった大原因があります。

キャリアを築き上げた女性は一般的に可処分所得が高く、好きなものを変える余裕があり、見た目は華やか異性の理想も比例して高い場合が多くなり(結婚相手の条件が多く・きつい)、結婚相手の候補が極端に少なくなる傾向があります。

一方見た目だけでもふんわり系で、結婚相手の条件も緩和してしまえばとりあえずの結婚相手候補の数は増えるのです。

アラフォー・アラサー女性の婚活戦略図

【女性が一方的に決める結婚相手の条件】女性が決めている結婚相手の条件は。当然ながら彼氏候補となる男性の数を少なくします。

公表する結婚相手の条件はゆるめにして、彼氏候補を増やしてから結婚相手の候補も多くした方がまし」なのです。

【男性が一方的に決める見た目】芸能人で彼女にしたいランキングを占めるのは、ふんわり系の綾瀬はるかさん、新垣結衣さん、有村架純さんなど。ここにバリキャリ系の菜々緒さんや宝塚の男性役出身の女優さんなどは入ってきません。

男性から見られる印象は変えられませんので、見た目で彼氏候補の数を少なくしてしまうのだったら「かっこだけでもふんわり系にしたほうがまし」なのです。

つまりアラサー・アラフォーに共通する「婚活で失敗続き」は「結婚相手の条件」と「男性が決めている見た目」だけを変えてみても激変します。理由は簡単で候補を増やしてからだって選べるからです

物質的にも豊かになり、目も肥えたアラサー・アラフォー女性の婚活を阻むのは心の贅肉が招いた結果ですから、スタートラインでまず彼氏候補をふやすために余計なものを省き、増えた候補の中から意中の男性を探せばよいだけなのです。

しかし今までの結婚相手の条件はずっとこだわりを持って変えられずにいた女性も多いはずです。気付くと同じような失敗パターンの恋愛を繰り返してきてしまった女性が、本当に心から信頼できる相手を探すために不動の人気を誇る教材がありますので、よかったら下記をご覧になってみてくださいね。

アラサー・アラフォー女性が婚活に失敗していると感じるパターンを以下で解説しますので、気になるところからクリックしてご覧ください。

アラサー・アラフォー女性が婚活で失敗続きの原因

婚活先生
はじめに端的に言ってしまうけれど、男性は女性よりも不器用だし、プライドが高いし、人から言われて自分を変えるのが苦手なガキ。女性に褒められると嬉しいっていうかなり単純な生き物なんです。

だからここは、男性がわかりやすいように「女性のあなたがわかりやすい見た目や見せ方」にしてあげるだけでもかなり違ってきますよ。

バリキャリ婚活女子
失敗続きでもあれこれ悩むだけ無駄ってことでしょうか?「『男性は単純』からブレない婚活」なら楽かもしれないです。

出会いの場を自ら減らしてる?

アラサー・アラフォー独身女性は、一般的に歳を重ねるごとに異性から声をかけられる率が少なくなるので、積極的に出会いの場を広げる必要があります。出会いの場は以下のとおり「希望条件」×「活動の数」によって変わり、出会いの場が広がっていきます。

希望条件と少しでも違うと論外にしてしまう・ガンコ

条件比較する女性

アラサー・アラフォー独身女性の全てがそうではありませんが、結婚相手として見る男性の希望条件が固まってしまい、それ以外は論外と考えるケースが多くなります

希望条件をあまりに固め過ぎてしまうとご縁が広がらず、当然ですが似たようなタイプの男性しか寄って来なくなります。つまり、今までの失敗パターンの男性と似たようなパターンが延々続くのが目に見えているんです

失敗パターンだった男性って、果たしてアラフォー・アラサー女性のあなたが望む男性でしょうか?そうではありませんよね。「むしろ二度と目の前に現れてほしくない」と思っているはずです。だから現状の結婚相手の条件が本当にあなたの望む男性と近いのか見直す必要はあるでしょう

まずは一般的に挙げられるアラサー・アラフォーにありがちな結婚相手の希望条件を挙げてみましょう。

アラサー・アラフォー女性が挙げる理想の結婚相手の条件

イケメン

  1. 年収が500万円以上
  2. 学歴は自分より上
  3. 相手の親と同居はできない
  4. 離婚歴のある男性は対象外
  5. 地域の限定

上に挙げたような5つの条件が全てそろった男性を探すのは、トランプゲーム・ポーカーでエースが5枚揃うような難易度の高い婚活です。

エース

難易度の高い確率の男性を探し求めてしまっている状態が、なかなか腑に落ちていないのがアラサー・アラフォー女性の失敗続きの婚活を物語っています。

キャリアを築いてきた優秀なアラサー・アラフォー女性は「自分より年収も学歴も上の男性じゃないとちょっと…」といった心理が当然働きやすくなり、独自の思考回路が構築されているのでプライベートでも同じように発揮しようとします。

けれど少なくても仕事と恋愛・人間関係は別物

また年の功や、「過去の恋愛遍歴からの感覚」が抜けきらない部分があり、過去自分が付き合いのあった一定レベルの男性像から結婚相手の条件を下げるのが難しくなります

アラサー・アラフォー女性の婚活の失敗続きには必ずパターンがあります。そこから抜け出すにはパターンを知る必要があり、婚活の足かせとなっていた贅肉をそぎ落とす作業が重要です。

 

新しい自分になる、足りないものを付け足すという作業は必要ありません。歳を重ねても自分に寄り添ってくれる男性を探すためにもコアな自分を知る作業が必要なだけです。

大人になると自分のいいところ・悪いところを指摘してくれる人が極端に少なくなるもので、そんなときに多くのアラサー・アラフォー婚活女性が活用してきた教材があります。

何かを余計に学ばなければいけないのではなく、要らないものをそぎ落として素の自分を知り、歳を重ねた自分とでも長く愛し合える相手と出会うための教本です。よかったら下記をご覧になってみてくださいね。

 

婚活先生
上に挙げたのはごく一般的な希望条件だけれど、女性それぞれに細かいこだわりがあるはずです。本当にそれが結婚生活に不可欠なのか、なくてもいいものなのかを棚卸してみよう。
バリキャリ婚活女子
細かいこだわり、それって女性が危険な男性にはまってしまうバカな罠ですよね。私は声フェチ…確かになくてもいいかもしれません。

また、活動の場が広がっていない原因は、次のように「婚活する場所」自体が足りていない点も挙げられます。

活動の数が足りていない

帰宅途上のOL
実際「家と職場を往復するだけの日々」を送るアラフォー・アラサー女性は多く、こうした場合当然ながら出会いの場がほとんどありません。

仕事で接点を持った男性達は、いい年齢の女性を前にして「当然結婚しているだろう」とみる場合が多いので、そもそもプライベートで声をかけられるのも珍しくなっていきます。

自分の生活スタイルを変えて婚活を始めたアラサー・アラフォー女性は、もちろん婚活の方法をあまりよく知らない状態、とりあえず一歩踏み出した婚活の場の中で活動を始めようとします。一つの婚活方法でうまく行かないと、婚活に対するイメージそのものがネガティブになりだします

例えば主な婚活方法として挙げられる活動とアラサー・アラフォー女性のネガティブ寄りな実感を挙げてみましょう。

主な婚活方法 アラサー・アラフォー女性のよくある実感
婚活アプリ
  • 出会い系サイトと混同する男性に遭遇し、良縁に恵まれない
  • メッセージを数回やり取りしてフェードアウトした
婚活パーティ
  • 一人と話す時間が短すぎて、合いそうかどうかわからない
  • カップリングが成立しても、その後長く続かないで自然消滅
結婚相談所
  • 自分の好みの人からお見合いを申し込まれない、申し込んでも成立しない
  • 異性の扱いが苦手な人が来る場所なので、コミュニケーションが成り立たない

好みの男性がいるとそれなりに気分が高揚するもので、話してみたいと思ってアプローチするのですが、相手が同じように感じてくれるとは限りません。

ですから「断り返事」か、「返事無し」か、「そもそも対象外」などの扱いを受けて気持ちが沈んできます。すると、婚活自体がアラサー・アラフォー女性を落ち込ませるものになってしまい、ポジティブに活動するのが難しくなるのです。

複数の婚活を組み合わせて「一つダメでも他がある。」という状態にするのが重要で、他を試したらうまく場合があるので、下記のようにバランスの取れた婚活をするのがおすすめです。

複数の婚活を組み合わせる

見た目が結婚生活と結びつかず、結婚対象外となる

派手な女性
出典:sex and the sity

キャリアを積み上げたアラサー・アラフォー女性は、自分に合う服装も知っています。これは自然と良質で高い服を買い求めるのも、いいものを知っているからこそできる芸当です。

良質な服装は人目を引くので「高そう」という印象を持たれます

しかし男性は「遊び相手」としてなら派手な女性と付き合うのもよしとしても、「結婚相手」となると過度に人目を引く高価な服装の女性を選ぼうとはしません。他の男性に取られたり、お金がかかりそうな女性とみてしまうからです。

ここでバリキャリ系女性がやってしまいがちな服装と、引き寄せてしまう男性の特徴を挙げてみましょう。

婚活で嫌煙されがちなバリキャリ系女性の外見バリキャリ系女性

  • 肌の露出も体のラインにフィットさせるのもオシャレのうち
  • 服の素材が、高そうに見える(光沢など)
  • 服の柄が派手、色が鮮やか
  • アクセサリーが目立つ
  • ばっちりメイクや、ネイルによる装飾

【引き寄せてしまう男性の特徴】

  • 結婚以外の目的(例えば遊び・飲み友・セフレなど)
  • 婚活中なのにまだ若いころの刺激的な恋愛から抜け出せない男性
  • 見た目に騙され、飽きたらすぐに冷めてしまう
婚活先生
「失敗続き」と嘆くアラサー・アラフォー女性は見た目に少なからず原因が含まれています。上のように服装だけで結婚に結び付かない男性を引き寄せてしまうのですから、彼らが寄ってこないような服装をやめるしかないんです。
バリキャリ婚活女子
じゃあ見た目だけでもカジュアルスタイルやフェミニンに変えると、悪い虫は寄ってこないし、それだけで彼氏候補が増えるっていうわけですね。なんか男性ってやっぱり単純だなあ…(-_-;)

カジュアルスタイル~ふんわり系フェミニン女性:これが婚活の鉄板モテふんわり系女性

  • ワンピースやフレアスカートなどフェミニンな印象
  • 服の素材はコットンなど
  • 服の柄は控えめ、パステルカラー
  • ネイルはしていても一色だけなど目立ち過ぎない

【引き寄せる男性の特徴】
ほぼすべてのタイプの男性

婚活先生
意外と簡単な対策なんですよ。メーカーでいうと、無印良品とかユニクロなどの服を着るのを目標にしてみてください。実はこれ、成功事例多数の秘策なんです。失敗続きのアラサー・アラフォー女性は一度お試しを。見た目であと一つ、ネイルについても見てみましょう。

派手なネイル

最近ではネイルで爪の先まで小ぎれいにするのが女性のライフスタイルになっており、珍しくなくなっています。

ネイルをする女性は華やかな印象を与え、男性が多い職場などではひと際紅一点のイメージを際立たせます。

しかし結婚相手を探している男性の多くは、ネイルをしている女性が美味しい料理を作ってくれるイメージがどうしても湧きません。「おいしい料理を出してくれる奥さん、赤ちゃんをやさしく抱っこする母親」とは想像しがたく、ネイル女性は倦厭されがちなのです。

ネイルでオシャレをしたり、好きな服を着たりして何が悪いの?と疑問を持つのも分かるのですが、男性の本音は変えられないのです。

婚活で男性に倦厭される女性は 自分大好き人間に「見えてしまう」といった乏しい自覚にも大きな原因があります。

容姿や服装などの外見、そして次にお伝えする「プライヴェートでの嗜好性が見え隠れする趣味」に対して、男性は「結婚生活になじむのか、家計を潰し損ねないくらいの費用が必要なのか」といった視点で見ています。外見と趣味はお金の使い方を示す価値尺度の一つであり、そこに「旦那さんや子供のケアに十分な価値感を持てるのかどうか」が見え隠れするのです。

 

お金がかかりそうな趣味

バレエする女性アラサー・アラフォー女性は一人の時間が多いので、どんな趣味が自分を楽しませてくれるかを良く知っています。しかし婚活中の男性に嫌煙されそうな趣味はありますので、注意をしておきましょう。

婚活中の男性に倦厭されがちな女性の趣味

趣味一例 男性のよくある第一印象
ワイン ワイン好きは構わないけど、自分が知らない所で飲み歩きされたら嫌
バレエ 衣装が派手でお金かかりそう、男とくっついて踊っているんでしょ?
華道 いつも家に生花飾っていてお金かかりそう
乗馬 ブルジョワか…
ペット ペットを養える経済力があるなら男が出る幕がないし、癒し足りてる

上は一例にすぎませんが、男性が嫌煙するポイントは「費用の相場」と、「自分が入り込める世界か?」どうかです。

婚活中の男性も「共通の趣味を相手と一緒にできたらいいな」と考える人が多いので、その中で男性が入っては違和感を感じさせるような趣味だったり、あまりにお金がかかりそうなものは続かないと思われてしまうのです。趣味そのものが悪い、というのではなく「飽くまで男性から見た第一印象」にすぎませんが。

例えばアラサー・アラフォー女性のあなたが、婚活で出会った初対面の男性に「僕の趣味は車で、いつも自分好みに変えてもらうんだ。けれど飽きると1年もたたずに売って新しいのにとっかえひっかえするんだよね。」と言われたらどうでしょうか?

高級車

女性の苦手分野である車で、しかも自分好みに仕上げておいて、飽きっぽくて浪費する男性にあまりいい第一印象を持てないでしょう。

一例として挙げた趣味はそこまでひどい浪費をイメージさせるわけではありませんが、男性の印象は変えられない、というのが事実なのです。

どんな趣味でも自分が楽しくて人に迷惑をかけなければ何で楽しんでも構いませんが似たような印象を与えるので、婚活で不利になるくらいだったらまず言わないほうが無難

関係性が深まり、親しくなったら「こんな趣味で楽しんでいるんだ」と小出しにした方がずっと好印象です。

【⁺α】焦りが男性に伝わる

婚活先生
女性の焦りが男性に伝わるパターンは結構ナイーブな話です。 二人の関係性、男性のキャリアや年齢を女性側がキャッチして「結婚を詰めない、急がない、居心地の良い関係性を保ってあげる」これを鉄則にしましょう。
バリキャリ婚活女子
でも子供が欲しいとか年齢的に差し迫ってくると焦る気持ちも分かるなあ。そんなときは顔に書かれているようにバレバレになっちゃう女子多そうな気がします。

以下では結婚相手の条件や見た目以外に失敗続きの原因と考えられる点を挙げています。

周りの友人が皆落ち着いているから早く結婚したい

周りの友人の結婚式に出る回数が増えると、いよいよ女性は「自分も結婚しないと」と考えるようになります。

彼氏持ちの女性の場合は特に注意が必要です。

婚活女子
早く結婚したいのに、彼がなかなか結婚の意思を固めてくれない

などといった思いでお付き合いをしていると言動の節々に「早く結婚したいアピール」が出てしまい、彼にそれが伝わってしまういます。例えばこんな何気ない会話も重く聞こえてしまうリスクがあります

結婚したらこんなお皿とか家具を買いそろえたいなあ…。
そういえばこの間友達の赤ちゃんを抱っこしてすっごく可愛かったよ。

向きあう男女

男性は女性が思う以上に結婚を重く受け止めており、「本当に自分は相手を幸せにできるか、経済的に十分に養っていけるか?」といった点に自信を持てないと女性の早く結婚したいアピールがとても重く感じてしまうのです。

なんでも言い合える関係性を普段から築き、何気ない会話の中で重くなり過ぎない程度に結婚の意思があるかどうかをさらっと聞けるようにしておきましょう。もしそれであなたの満足するような答えをしてくれなかったとしたら、それまでと諦めるのも必要です。

子供が産めるリミットを考えすぎて男性を萎えさせる

喧嘩する男女

婚活先生
女性は36歳を過ぎると出産できる可能性が急激に低下しますが、こんな焦りは男性にとって無益。諦めてください。男性は基本勝手で単純・気まぐれな生き物です。

男性に「出産にはリミットがある、だから結婚を考えているかどうかを知りたい」などと露骨に聞いてしまうと気分が萎えてしまう場合が多いですね。

9割超の男性は子供が欲しいと思ってはいるのですが、自分の意識が固まっていない段階で、または相手の女性と結婚するかどうか決心がついていない状態でその質問をされるのはどうも嫌なんです。

姪や甥ができてだっこしたりして初めて子供を意識し、「弟が妹が子供を設けているのだから俺もそろそろ真剣に考えないと…長男の顔が立たないヤバイ。」などとようやく考えだします。

近親者から自然な形で子供の存在を突き付けられたり、飽くまで日常的に子供もかわいいものだなと思うようなシチュエーションがあって初めて子供を設けたいと意識しだすのが男性です。

子供をだっこする男性

目に見える形でないと子供のことなど意識しにくいのが男性で、この感覚はかなり後からぼんやりついてくるものだと考えましょう。

女性が「子供を埋めるリミット」を意識した自発的な危機管理意識と、男性の子供が欲しいと思う動機は全く別物なのです。

結婚を意識してもらおうと必死になるほど男性は逃げていきます。それよりはあなたと一緒にいると居心地がよくて安らげると思ってもらった方がよほど近道です。急がば回れ、ですね。

まとめ:男性の特性を理解して賢く立ち回ったほうが数十倍得する

冒頭に結婚相手の条件を落とす、服をもっとカジュアルに、とお伝えしたので「なぜそんなことしなきゃならないの?」と思ったでしょう。

今まで人の数倍も数十倍も仕事に時間を費やして身を捧げてきたアラサー・アラフォーのあなたなら、本来男性を選んでいいはずなのですが、「男性の女性の見方は変わらないし(相手が変わらないんだったらこっちが先回りしたほうが楽)、条件を強くすれば候補が減るだけ」です。

実際あなたを気に入ってくれそうな彼氏候補を増やしてからでも、あなた好みの男性は余裕で選べるんです。だから少しだけ見方や考え方を変えて賢く立ち回りましょう。

-婚活基礎知識編

Copyright© 早く結婚したいアラサーアラフォーの婚活必勝法 , 2018 AllRights Reserved.