ほぼ初対面でボディタッチ・ひどい目に会ったお見合い体験談

ほぼ初対面でボディタッチ・ひどい目に会ったお見合い体験談

この記事ではひどい目に会ったお見合い体験談として以下のような「初対面でボディタッチ」編をお送りします。

 

  • 「遠距離恋愛でなかなか会えなさそうだから」と言われて初対面で男性がボディタッチしてき
  • たボディタッチなど婚活の禁止事項を本能の赴くまましてしまうとどうなるのか、末路

「ひどい目にあった」と言っても所詮惚れた腫れたの自己責任な世界の婚活。ある女性のお見合い体験談を参考にすれば、あなたも危険を回避できるかもしれません。

 

 

誰がいつ初対面でボディタッチを許したと言った?

 

「初対面で男性にボディタッチされたお見合いまたは婚活体験談」を持つ女性は少なくなく、その後積極的に婚活できなくなるどころか、うつ病や精神的に落ち込んで仕事が手に付かなくなるようなひどい目にあったパターンがあります。

 

婚活の初対面でボディタッチしてくるような男性は端的に言って救いようがないヤリチン。同性から見て欲求不満だったら婚活じゃなくて他の方法で解消できるような方法選べよ、と言うに尽きる。まともじゃないから被害にあった女性は凹む必要はない。

 

誰も初対面の男性にボディタッチなんて許してないのに、その一般的なルールをぶち破って来る。「俺だったら許されるだろう」「相手も了解済みだろう」っていう思考回路がヤバイです。 思うに、婚活って男女の欲求がガチでかち合う場所だから、性欲も止めどなく本能の赴くままになるんじゃないかなって思いますね。こここではある女性がお見合いでボディタッチされた経験談を元に、女性たちの今後の婚活の方向性を考える参考にしていただければと思います。

 

 

初対面のお見合い相手にボディタッチされひどい目にあった体験談を公開

 

ここからはうちの結婚相談所に相談に来て下さった女性のお客様の「初対面でボディタッチされたお見合い体験談の全過程」を余すことなく公開します。 結婚相談所でマッチングした以下の男女が福島県内のシティホテルでお見合いすることからスタート。

 

初対面のお見合いでボディタッチされた女性のプロフィール

  • 39歳 福島県在中
  • 職業:ネイルサロン経営者
  • 大学卒業
  • 初婚
  • 趣味:美術館巡り

 

初対面のお見合いでボディタッチしてきた男のプロフィール

  • 41歳 神奈川県在中 (出身地は福島県)
  • 職業:社内弁理士
  • 年収:930万円
  • 大学院卒業
  • バツイチ、別居の子供あり(養育費の支払いあり・親権なし)
  • 趣味:チェロ演奏、美術館巡り

 

 

お見合い当日:手つなぎと交際申込み

 

婚活男子
婚活男子
はじめまして。菅原と言います。僕ら福島県の○○市出身が一緒なんですよね?お見合い申し込みをもらった時に「うそ!神のお告げ?」と思ってしまいました。今日はどうぞよろしくお願いします。

 

婚活女子


婚活女子
はじめまして阿部といいます。私もそう思いました。今日はお見合いと言っても結婚相談所の人もいないし、あまり肩肘張らずにお話しできればと思っています。菅原さん美術館巡りがお好きって自己紹介されておられましたけれど、最近ではどんな作品を見たんですか?

 

婚活男子
婚活男子
上野にある美術館に行くことが多いです。最近だとプラドの美術品とか。阿部さんも美術館巡りお好きなんですよね。今日ここのカフェでお茶して、もしよかったら近くの美術館を見に行きませんか?僕実家の車で来ているので、美術館まで車で移動しましょう。

 

 

婚活男子


婚活男子
今日は楽しかった。ねえ阿部さん、出身地は同じだけど今は神奈川と福島で遠距離になってしまう。頻繁には会えなそうだから言うけれど、僕と付き合いませんか?

 

婚活女子


婚活女子
私男性とこうして美術館来たの久しぶり。楽しいなあ。こうして共通の趣味がある人とあれこれ話すのって、なんかいいですね。誘ってくださってありがとうございます。さて、日も暮れてきたし閉館時間も間近だし、出ましょうか?

 

婚活男子


婚活男子
はい、確か美術館前の噴水に座る場所があったので、そこでひと休みしていきましょう。

 

 

婚活男子


婚活男子
今日は楽しかった。ねえ阿部さん、出身地は同じだけど今は神奈川と福島で遠距離になってしまう。頻繁には会えなそうだから言うけれど、僕と付き合いませんか?

 

婚活女子


婚活女子
あ、はい^^ 嬉しい…ぜひ。

 

婚活男子


婚活男子
手つないでいい?ちょっとこうしていたい。阿部さん駅前でネイルサロンのオーナーやっているって話だよね?僕2日後も時間あるんだけどよかったらお店見てみたい。どうかな?

 

彼かなりやり手だね。雰囲気つくりはさることながら、車に女性を乗せたり、誰もいない噴水前で手を繋がせるとか、攻めてるのがありありわかる。状況に応じての距離感の縮め方、ムードつくり、これ遊んでる男じゃないとできないぞー

 

まず交際申込と見せかけて「付き合いませんか?」と質問して「はい」って言わせてるよね。そして初日の落ちが「女性が経営するネイルサロンに行きたい」ってところ。思考回路がいかにスピードを上げて上げて女性と近づくか?ってポイントに絞られてますね。

 

 

お見合い後の帰宅時のメール一文

 

以下はお見合いが終わった後に、男性から女性へメールが送られてきた一文です。

 

婚活男子


婚活男子
出会いに感謝しています。いろんな表情をされる方なんだなって思いました。時折見せてくれる笑顔が嬉しかったです。また2日後に会いましょう。福島駅で13時にお待ちしてます。

 

ふーん。やるねえ(笑)「時折見せてくれる笑顔が嬉しかった」って美術館で何気なくぶらぶら芸術鑑賞してたフリしたけれど「実は君の笑顔に釘付けだった」とか言いたかったのか?女性心をくすぐってるなあ。この男性LINEでかなり頻繁に女性へメッセージを送っていたみたいなのね。

 

「えーそんな見られてたの?恥ずかしい」とか女性が顔を赤らめるのを想定してるんでしょ。ある意味ベタなお見合い体験談っぽい気もする。

 

 

お見合いの2日後:ひどい目にあったボディタッチ

 

婚活男子
婚活男子
こんにちわ。待った? 今日は阿部さんが経営してるネイルサロンにお邪魔できるって聞いて実家の母親がお菓子でも持っていったらって。これどうぞ。

 

婚活女子


婚活女子
あ、ありがとう…お母さんにもう私の事話してくれたの?。お菓子お客様と一緒にいただきますね。うちのサロンはここからすぐなの。

 

婚活男子
婚活男子
うん。お店に誰もいないんだっけ? じゃあゆっくりできるね。

 

婚活女子


婚活女子
お茶でいいかな?二日前の美術館は楽しかった。まさかお見合い当日に美術館に行けるだなんて思ってなかったから。

 

婚活男子
婚活男子
阿部さん、僕の隣においでよ。もっと近くでこれからのこと話さない?

 

婚活女子


婚活女子
あ…そうね

 

 

婚活男子
婚活男子
ありがとう。ずっとこうしたかった。キスしたいし、抱きしめたい。

 

 

女性はお茶を用意して楽しく話ができればと思っていましたが、二人掛けのソファーに座った途端、男性が女性の腰に手を回し、胸に顔をうずめ、胸を手で掴む、ディープキスをするといったボディタッチ以上の半性行為をして女性にひどい目にあわせました。※最後の性行為はなし

 

 

婚活女子


婚活女子
ちょ…お見合いは二日前だったし、会って間もないのにこれはちょっと…

 

婚活男子
婚活男子
遠距離恋愛でなかなか会えなさそうだから…奥の部屋に移動してもっと愛し合いたい。ダメ?

 

婚活女子


婚活女子
ダメだよ。もっと大切にして欲しいなあ…なんか複雑。

 

 

婚活男子
婚活男子
僕は転勤族でね。転々としているだけあって早めに身を固めたいと思って。子供をつくって家族を養った上で仕事を頑張りたいと思ってるんだ。

 

婚活女子


婚活女子
私は年齢的に子供を産めないかもしれないけれど、もっと若い女性でも不妊はあるから、こればかりは授かりものというしかないかなあ。

 

婚活男子
婚活男子
まあでも今同じくらいの女性で結構出産してる人多いよね。実は明日僕に関西へ出張があって前泊しなきゃならないんだ。また会いたい。会ってくれるかな?

 

 

 

こう来たかー汗。状況に応じての女性の扱いが、手慣れ過ぎてる。

 

女性はひどい目にあったね。けれど、ネイルサロンに二人きりのセッティングにするとか、二人掛けのソファーに座るとか、男性にボディタッチさせるための優位な環境を与えすぎてるんだよね。女性は男性慣れしてなくて無知だったとも言えるけれど、はじめのお見合い体験談としていきなりハードだわ。

 

最後の一言の「また会ってくれる?」っていうお別れの仕方も慣れてないと絶対に言えない一言です。相手に「許可を与えてください」って言っているようで気分を良くさせるだけの常套句。

 

 

お見合い後の二人:10日間だけの仮氏にひどい目にあった

 

さてこのお二人の行方は…お見合い後に男性からのメールが激減、『男性から女性へ猛烈アタックLINEが送られる当初のパターン』が無くなり、女性が男性に送ったLINEの既読が翌日の夜中になるようになり、さすがに女性がおかしいと思いだしました。

 

婚活女子


婚活女子
なんか私たちの関係、とてもいい感じで交際しているように思えない。ちょっと菅原さんに電話してみよう。…って電話出ないし…。仕方ない、LINEメッセージにしようかな。
LINE『連絡の頻度があまりに少なすぎて心配になっちゃった。私たちこんなんで本当に付き合ってるとか言えるのかな? お見合い当日たくさんメッセージくれたけれど、今はそうじゃないってことでしょ。私こういうどっちつかずの交際するの遠慮したいです。
もし「そんなの勘違い、誤解だ」って言うなら、私が考えすぎてたって考え直す。もしそうじゃないなら、何もなかったことにした方がいいと思う。』

 

結局LINEの既読はこの女性がメッセージを送った2日の夜中に付き、男性が『気持ちが続きませんでした。別れを切り出してくれてありがとう』と返信してフェードアウトします。

 

バカな男だなあ…お見合いしたの2日前でしょ?そこから10日間でメール激減してくって、計画性ない瞬間湯沸かし器??。この激減メールも「ひどい目にあった後のフォロー」になってなくて女性を落ち込ませる材料になってる。

 

お見合い後に女性は何とも言えない不快感を味わいながらも、頭に血が上り、普通の判断能力が落ちてしまってるのよね。

 

いやいやいや…言葉悪いけれど、男側はただの遊び。この男女が会ったのはお見合い当日とその延長みたいな2日目だけれど、こんな大切な2日間で舌ぶっこんでキスしてくるとか、ただの痴漢だからね!女性はくれぐれもこうしたお見合い初対面の男からのボディタッチを、好意だとは思わないで欲しいし、嫌だったら警察に通報してもいいひどい犯罪行為同レベル!

 

婚活初日でひどい目にあってボディタッチしてくる男にはレッドカードをすぐに叩きつける。そして結婚相談所への通報も忘れないで!

 

最後の極めつけは「別れを切り出してくれてありがとう」って一言。お前別れを望んでて女性に言わせて感謝するって…どんだけ自分本位なの。

 

 

お見合いから数か月後:初対面でボディタッチ男の末路

 

さてその後、お見合いした女性がお見合い当日・2日後にされたボディタッチ(半性行為)について違和感が残り続け、結婚相談所本部にルールの改定と男性の退会処分を申し出ました。

 

結婚相談所はお見合い当日にボディタッチをした男性会員に厳重注意、男性は自主的に退会をしています。

 

女性は初めてのお見合いでひどいボディタッチされて、誰にも言えずに黙っていました。真面目な女性なのでひどい目にあったとしても我慢するのが当たり前なんだと思っていたらしいです。

男性は恥ずかしい醜態が結婚相談所にバレて退会しています…ひとまず女性の望み通りにはなっていますね。

 

ほんとどうしよーもないゲス男が結婚相談所にいるんだわ。バツイチで親権なしの子持ち、権威ある資格を持って仕事バリバリしてるかもしれないけれど、なんか間違いだらけだよねえ。こういう男はいくつバツついても同じことやらかすよ。畳の上じゃ死ねないタイプ。

 

結局初対面でボディタッチしてくるような男の目的は「本気の婚活」とは言えません。

 

初対面でボディタッチしてくるのが人からどう見られるのか?を自覚せず、女性に嫌な思いをさせているだけ。

 

こうした男性と幸せな未来はありません。もっと他に男性を見つけるべきです。

 

 

お見合い体験談:初日でボディタッチの何が問題か?まとめ

 

婚活初日でボディタッチしてきてひどい目にあわせた男性の現実をまとめると、以下のとおり。

 

初対面でボディタッチ(半性行為)してきた男の現実
  1. 転勤族で一人寂しく、一緒に着いてきてくれる女性が欲しかった
  2. お見合い後のボディタッチは性欲の抑制を知らないルール違反
  3. ルール違反=社会的過ちをフォローするだけの耐久力や、人間性がない
  4. 女性が「年齢的に子供は産めないかもしれない」と言った発言で男性は気分が萎えてしまった
  5. 女性がネイルサロンのオーナーで地元密着で経営しているのを根こそぎ取り払って着いて来い、と言うまでは至らなかった。
  6. 2日目の面談後に気持ちが続かなかったと告げている。
  7. 子供を設けて「家族のために仕事を頑張りたい」と思っており、まともな男性の生き方と言える
  8. 結婚相談所を自主退会

 

ボディタッチという社会的ルールを逸脱した好意を平気でする男は、結婚生活でもルール違反をやらかします。

 

ボディタッチ男の末路は、結婚相談所から詰問され「自主退会」となっています。

 

もし、あなたがお見合いでボティタッチされた経験談を持つならば、その男性との一切を忘れたほうが身のためです。

 

まだあなたにあった人が見つかっていないだけで、ボティタッチ男との最悪なお見合い体験談があなたの幸せな結婚生活の入り口とはなっておらず、心を痛ませる価値もないからです。

 

心機一転婚活で心から安らげるような異性と出会いたいと願っているならば、もう少し気を緩めで一緒に食事にけるような男友達を見つけるくらいのゆるーい感覚で関係性を深めて行くくらいがおすすめです。

 

運命の相手ならばあとは勝手にいい関係になっていくはずですからね(^-^)

 

 

男性が初対面の女性に婚活でボディタッチしたくなる理由

 

男性が初対面の女性に婚活でボディタッチしたくなる理由は、いくつか挙げられるよ。

 

  • お互いに好意があると分かっているから、初対面と言えど意気投合したら有だと思っている
  • お見合いのセッティングでシティホテルのラウンジやカフェなどが選ばれるケースが多いが、その後は二人が合意すれば食事やデートも許されて「二人だけの時間」が成立する。気持ちの盛り上がりでボディタッチが行われる。
  • 所詮お見合いは二人の自己責任だから、男性側はまったくひどい目にあわせていると思っていない。

 

ひどい目にあわない対策として女性は車を含む密室で二人きりにならない、夜に会わない、ボディタッチを好意だと思わない、がんとした態度を取ってください。

ルールを飛び越えてくる男が悪質なだけ。 一人で痴漢やセクハラ同等のボディタッチを一人で抱え込まず、必ず結婚相談所に通報しましょう。

 

 

まとめ:初対面でボディタッチをされたら、踏み台にして強くなる

 

初対面でボディタッチされた婚活体験談がある女性には、辛かったかもしれないけれどその体験談を踏み台にして素敵な男性と巡り合うしかないとお伝えします。 多かれ少なかれ女性は婚活で似たようなひどい目にあってしまう。けれどそんな無価値な出来事で一生独身を決心していいはずがないんです。むしろそうした出来事を踏み台にして強くなりましょう。

 

なかなか立ちなるのも難しいかもしれませんが、少し気を楽にしてもうすこしゆるく「楽しく一緒に過ごせる異性」とお茶をご一緒するくらいの気持ちで活動していきましょう!