機能不全家族で結婚できないままだった私が幸せになれた理由:アダルトチルドレン改善マニュアルレビュー

機能不全家族で結婚できないままだった私が幸せになれた理由:アダルトチルドレン改善マニュアルレビュー

「アダルトチルドレンだとなかなか結婚できない場合が多い」と聞いたことはありますか?

 

アダルトチルドレンって「幼少期に親との関係で心の傷を負ったままの大人」で、その影響は婚活や異性関係に大きく現れます。

 

ここではアダルトチルドレンと気づかずに40代手前まで毒親と過ごした優子さん(仮名)の以下のような体験談です。

 

  • なぜ彼女が結婚できなかったのか
  • どうやって理想的な人と出会えたのか
  • アダルトチルドレンを改善するためにどんな方法を試したのか

ひとそれぞれ生い立ちは実にさまざまですが、いつも同じパターンで異性と関係が壊れて結婚がダメになると実感している人はこの記事がご参考いただけるのではないかと思います。

 

※優子さん本人に許可を得て一部の原稿を掲載しております。

 

 

アダルトチルドレンACの私が恋愛も結婚できないままだった理由:機能不全家族

私は自分が結婚できない理由について「気は強いし、男勝りな部分があるから、きっと男性はこんな私と付き合ってもかわいいと思えないんだろうな」ぐらいにおもっていたんです。

 

でも30代になってから自分の中で繰り返し起こる異性関係でのトラブルが苦しくて苦しくてついに爆発しそうになってしまったんです。

 

「おかしい、なんで同じようなトラブルが男性と何度も起こるんだろう?」と不思議に思ってネットやら本やらいろいろと情報を読み漁ってみたんです。

 

すると「アダルトチルドレン」という言葉が頻繁に出てくるようになり、そして時に毒親という言葉も出てきて仰天しそうになりかけ、あまりに自分の置かれている状況が当てはまりすぎていて思わず通り過ぎたい気持ちになってしまいました…

 

30代後半にアダルトチルドレン改善マニュアルを試すまで自分自身が毒親の元に育ち、幼少期に傷を負っているのも気づけなかったんです。

 

それは機能不全家族という「家族間の安全が欠如して、一人一人の人格がそれとして扱われない家庭」の中で育ったゆえに、アダルトチルドレンの後遺症が残りすぎて結婚できなかったと言えると思えてます。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルとは?

 

今は人それぞれいろんな理由やタイミングがあって結婚を決めると思うんですが、結婚できないと延々もがき苦しむのはそうした状況の人でないとわかりえないものがあります。

 

だから機能家族不全ゆえにアダルトチルドレンになってしまい、なかなか結婚できなかった理由を挙げてみますね。

 

 

@嫌われて見捨てられるのが怖いから他人のルールの中で生きている:普通の恋愛ができない

アダルトチルドレンを簡単に言ってみると、「幼少期に両親との関係で心に傷を負ったままの大人」です。

 

親のストレスが日常的で、子供はとても安全に毎日を送れない状態なんですが…子供って両親から見捨てられると生きていけないから必死でいい子でいようとします。。

 

両親のルールを破ったら見捨てられるので、両親のルールの中で必死に生きようとするんです。

 

これが大人になってからも長く尾を引いて直らない、これがアダルトチルドレンの辛さなんですね。

 

私の場合は父親に対して幼少から異常な敵対心を持っていました。説明し難いですが、「父親を利用してやればこの家族は丸く収まるんだ」と思っていましたね。

 

したたかすぎるくらいにいい子を演じ、気に入られるようにして、機能不全になった家族を丸く収めようと思っていたんです。

 

おそらくこの感覚は3歳くらいから持っていました。うるおぼえですが、それくらい私は父親と娘と言う関係性を利用して、「可愛がらないと罰が当たるレベル」までしたたかに振る舞っていたように思うんです。

 

こんなことを言ってしまうとびっくりされるかもしれませんが、幼い私にとってはそれくらい腹をくくらないとやっていけないほどの機能不全家族だったし、もちろん子供ですから大きな不安を抱えていました。

 

けれど何の不安もなく育った子供と決定的に違うのは「恐怖や不安への腹のくくり方」なのかもしれません。不安ながら「どうすれば家族は丸く収まってくれるのか?」を感覚的に知っていた子供だったんです。

 

その”子供ながら恐ろしいほどの対処能力”はHSP(ハイリーセンシティブパーソン)という感受性の高さもあったのかもしれませんけれど。

 

 

こんな機能不全家族の中で育ったものですから、私はちょっと他人とのコミュニケーションでも変わったところがあったように思います。

 

異性関係の間でも「異性の親との関係」が色濃く出てしまう結果「この人に見捨てられたくないから あざとくこの人のルールに従う」が無意識に言動に現れてしまっていたんです。

 

機能不全家族の中で振る舞っていたように「どうすればこの人に好きになってもらえるか」が恋人との関係性や恋愛傾向でも色濃く出過ぎてしまうんです。

 

交際の初めの頃は、交際相手もそんな私の言動を流そうとしてくれていたかもしれないけれど、付き合いが半年くらいになると「この人のコミュニケーションは何かおかしい」と感じ始める場合が多かったように思います。

 

「いい子であなたのルールに従うから好きになってね」と言われているようなものですから、交際相手にとってこれほど気持ち悪い交際もないと思います。

 

こんな気持ち悪い関係では、普通に恋愛できないのは当然ですよね…。(当時はそれすら気づけないでいました)

 

アダルトチルドレンの私と付き合った相手はだんだんそんな気持ち悪さを感じ始めて別れを告げようとしていました。

 

このように普通に恋愛ができないという恋愛傾向が続いてしまっていたから、なかなか結婚できなかったんです。

 

 

A自分の感情がない:本当は人を好きになれない

 

アダルトチルドレンの私は見捨てられたくないがために無意識に他人のルールで生きるようになっていました。相手に合わせるのが当然みたいになってしまってたんです。

 

特に女性は男性の前で優しくないと嫌われると思っていたので、ほとんど男性の言うがままの関係になってしまっていました。

 

まるで自分の感情がなくて、「相手の感情が自分の感情みたいに思うのが、男性に求められている女性像だ」って思っていたんです。

 

今思えば、それは人を好きになっていると言うよりは「こうしたら好きになってもらえるという鉄板テンプレート」を実行しているだけの異様な状態だったと思います。

 

つまり心から人を好きになっていると言うよりは、愛されている関係性を見返りとして求めているだけの恋愛傾向があったということです。交際相手であったとしても結局”人を好きになれない”んですよね。

 

今考えると異様な恋愛傾向だと思います。機能不全家族の中で「いい子でいれば両親は丸くおさまってくれる。子供の前で仲良くしてくれる。こんなに子供がいい子にしているんだから親はちゃんとしていなければならない」と思わせようとしていた…

 

そんなコミュニケーションの仕方が交際相手との関係性でも色濃く表れてしまっていたので、当時の私の交際相手はだんだんと気持ち悪さを感じ始めたと思うんですね。

 

「こうしたら好きになってもらえる鉄板テンプレート」を実行するだけの異様なコミュニケーションに気付き始めるのは、だいたい交際から半年くらい過ぎたタイミング…恋は盲目がだんだんと薄れて行く時期です。

 

今過去の自分を振り返ってみて、こんな実態を男性が知ったら気持ち悪いだろうなって。結局自分の感情がなくて人を好きになれないんだけど、愛されている見返りが欲しいだけだったんです。

 

 

B我慢するのが当たり前

 

自分の感情は二の次、相手のルールの中で生きるのが当たり前すぎるくらいになっていた私は「ガマンが当然」になっていたように思います。

 

親たちに見捨てられると終わってしまう子供は、我慢するのが当たり前ですから、そうした子供が大人になって無意識に振る舞えば「ガマンが当然」が当たり前になってしまうものです。

 

もしかしたら交際相手は「ガマンしている私」にイライラしていたかもしれません。ガマンなんかせずに嫌なものは嫌だって言えばいいのに、と思っていたのかもしれないです。

 

けれど前述のように自分の感情がなくて「好きになってもらうための鉄板テンプレート」を実行するだけの私に愛想をつかして冷めて行ったんだと思います。結局人を好きになれない女性だったんですから、交際相手も私に好意を持てなくなるのもわかります。

 

ガマン強いのでいい面に働く場合もあると思いますが、異性関係で我慢のし過ぎはロクなことが起こらないと思います。

 

実際私が付き合ってきた男性たちは気に入らないことがあればすぐにブチ切れたり、不快感を露骨に顔に出すような人ばっかりだったので、ガマンが当たり前の自分はちょっとびっくりしたんですよね。

 

「え?ここで女を罵倒するの? え?なんでそのくらい大人の対応できないの?」とか平気で思っていました。

 

交際当時は「なんか残念な男性と付き合ってしまったな」って思ったんですが、正直に感情を表せるのは合わない人へのストレートな表現でもあるのでストレスも長引かなくて済みますし、合わない相手と無駄に時間を共にしなくて済むからその方がいいんだと思います。

 

 

C30代から異性関係でトラブルが多くなった

 

私の両親は私が30代手前で離婚しています。

 

これは言葉にしがたいんですけれど、かなり精神的に不安定でした。

 

精神的に不安定だから交際相手の男性にも自分の不安定さや緊張が伝わってしまって、居心地の悪さを感じさせてたと思います。

 

そこから30代前半から男運の悪さに泣かされるのが増えましたね。

 

DV男…
彼女がいながら私の好意を利用して肉体関係を求めようとする男性…
親の選んだ女性しか結婚相手として見ない男性…
同時に20人以上の女性と交際するのが自分に与えられたステータスだと思っている男性…
今考えると「やめとけ」と突っ込みたくなる面々なんですが、当時の私は本気で盲目になり本気で彼らに尽くせば結婚できると思っていましたからね…

 

次第に男性たちは私の中にアダルトチルドレン特有の「相手の感情が自分の感情みたいに思うのが、男性に求められている女性像」を嗅ぎつけて逃げたくなったんだと思います。

 

これが私の結婚できなかった大きな理由の一つですですね。

 

 

D自分が結婚して幸せになると親がおもしろくないという事実を無意識に受け入れている

 

ストレスの多い父親から母親を守る役割として生きてきた人生なので、おそらく相当母親と娘の関係性は異常だったと思います。

 

夫婦ケンカをする両親を幼少から見てきて、我慢する母親を見ては自分も母親にシンクロしてました。連動っていう感じですかね。

 

母親の感情が自分の感情になってしまって、母親の辛さが自分の苦しさにつながってる感じ。

 

だからこの機能不全家族の中で自分一人が幸せになるのは許されないのです。

 

両親のルールの中で育っているのに、幸せになってはいけないって自分で決めてしまっているんですからね。

 

結局ダメンズとばかり交際していた恋愛傾向は、「機能不全家族の中で育った私が一人幸せな結婚をしちゃだめだから、とりあえず成就しない相手と交際しなきゃ」っていう恐ろしいほど深い無意識な行動だったのではないかと…

 

長い間育った機能不全家族の中でこれに気付けるのは簡単な話でもなかったですけれどね。

 

いたた…って思う婚活中の人多いんじゃないかなあと思うよね。これは女性の体験談だからダメンズ、って言っているけれど、私が受けるご相談は「男性が女性にもてあそばれて泣くパターン」ももちろん聞いてます。

 

どっちも辛いですけれど、繰り返すようだったらやっぱり親との関係が何か影響してるのかな?って振り返ってみるのがいいと思うんだなあ。

 

機能不全家族やAC診断・アダルトチルドレンタイプ診断

以下は私が試した機能不全家族やAC診断、そしてアダルトチルドレンのタイプ診断です。

 

◇機能不全家族診断チェックリスト

 

◇アダルトチルドレンAC診断チェックリスト

 

 

◇アダルトチルドレンタイプ診断

  • ピエロ
  • 世話役
  • 自己存在否定
  • 英雄
  • 犠牲者

 

項目に当てはまるほどその傾向が強い、と言えると思うんですが、該当項目が少なくても『ものすごく当てはまっている』といった場合はそれとしてみなしていいとは思います。

 

つまり、該当しているのが分かっていて、そこから克服したいと思っているかどうかが重要だとおもいます。

 

アダルトチルドレンタイプ診断で、私が過去を振り返って思い当たる役割は以下のような感じです

 

こう考えてみるとアダルトチルドレンって壮絶ですね。いろいろとありますが、これからの人生でどう生きたいか、ACを克服したいと思っているかどうかが大切だと思います。

 

ここまで根深い課題って他でもない自分自身でなんとかするしかないですからね。

 

以下ではこんなアダルトチルドレンの役割を演じてきた私がなんとか自分の人生を回復させたいと思って試した克服方法をお伝えして行こうと思います。

 

 

理想的な結婚相手と巡り会えた方法・アダルトチルドレン改善マニュアルレビュー

 

以下はアダルトチルドレン改善マニュアルを試してどうだったのか、を2つの視点でお伝えします。

 

  • アダルトチルドレン改善マニュアルを試して感じた変化
  • それ以外に取り組んだおすすめの対策

 

 

アダルトチルドレン改善マニュアルを試して感じた変化

 

アダルトチルドレン改善マニュアルをためして感じた変化は、「一つ変わるとあれもこれも少しずつ変わって行く」といったものでした。

 

目覚めて別人になってるっていう感じではありませんが、以前の自分と比べて幸せを感じられる受け皿が大きくなったというかんじです。

 

それでは変化をいくつかのポイントに分けてお伝えして行こうと思います。

 

 

ダメンズを選ばなくなった・男性の目利きが明らかに変わった

 

私の30代になってからの男運のなさは目に余ってました。「今度こそは気を付けよう」などと思っているのに毎回毎回「そこだけはやめておけ」というような男性に騙されて、修羅場を迎えて交際終了となるパターンが多かったのですが…

 

機能不全家族の中で育った代償って大きいんです。心から人を好きになれない、自分の感情がないから交際相手と気持ちの交換ができない、こんな恋愛傾向じゃ気持ち悪いって思われても不思議じゃないですからね。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルをはじめて3ケ月が経過した時、決定的な出来事が起こりました。

 

それまで私は結婚相談所に登録してようやくお見合いが決まったと思ったらダメンズだとわかり、いつもガッカリしながら帰っていたんですね。

 

結婚相談所の婚活がどうも意味を感じられなくなって婚活アプリでもう少しゆるーく活動しようかなって思っていたら、初めてマッチングした相手が今の婚約者でした。

 

彼ははじめに私を女性として見ていなかったみたいなんですけれど、会ってみて「この人ならきっといい関係になれるだろう」って直観が働いたというか… 普通の恋愛ができないでダメンズとばかり出会っていた自分のなかに健全な関係性を築こうとする感覚が生まれたことに気付けました。

 

今考えると、婚活方法を結婚相談所から婚活アプリに変えたこと、アプリの中の膨大な数の男性の中から彼を選んだこと、これはアダルトチルドレン改善マニュアルで男性の目利きが変わったんだなあって思えます。

 

 

交際相手に自分の不快な感情を伝えられるようになった

 

前までの私って、「いつも笑顔で優しい女性が男性ウケするんだ!」と思っていたし、幼少から自分の感情を押し殺してガマンするのが当たり前になっていたので、不快な感情を男性の前で顔に出すのはあり得ませんでした。

 

以前の自分は「不快な感情をあらわにしたら相手に嫌われる」とばかり思っていたので、相手のルールに合わせて自分の感情を押し殺すのが当たり前のように感じていましたが、今思うとなんて苦しい生き方だったんだろうって思います。

 

結局他人のルールに従っている限り、自分が幸せになれるところなんてないと思うからです。

 

けれどアダルトチルドレン改善マニュアルに書かれているのを試してからは、「今自分は悲しいと思ってる、嫌だと思っている」など不快な感情を交際相手に伝えられるようになっています。

 

そして婚約者は私をできるだけ理解しようとして悪いと思った場合はゴメンと言ってくれているので、「ああ、自分の感情を出していいんだな」と気づいたんですよね。

 

これは本当に異性を選ぶ目利きそのものが変わったからだと思うし、自分に合った人と出会えたから無理しなくていいんだと思えるようになったのもあると思います。

 

 

自分が結果的にガマンや辛い思いをするのは相手のためにもならないと思えるようになった

 

結局自分の不快に思ったところは、他人に言わなければわかりませんよね。。

 

言わなくてもいいような浅い関係性の場合はそんなの必要ないですけれど、結婚を考える異性となると別。

 

自分がどういう時に不快に思うのか、どういう場合に嫌な思いをしているのかを伝えないと長い結婚生活は成り立たないと思うからです。

 

相手にどう伝えたらいいのか時々無言になってしまう場合があるんですが、結局そんな私を見ているとフィアンセはとても苦しそうになってしまうので「お互い辛い思いをするくらいなら、ありのまま話したり、誤解があれば早い段階で解いた方がいい」と思うようになっています。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルを試すまではそんな話をしたら嫌われてさよならになってしまうと思っていたので、自分にとってはかなり変われたなあと思えています。

 

もし、これを読んでくれているあなたが男性で「ACの彼女」がいるとしたら、温かく見守ってあげて下さい。大変な場合もあると思いますが、もし心から愛しているなら男性のあたたかな愛の中で包まれてACを克服できる可能性は十分あるとおもうからです。

 

 

交際相手に媚を売らないようになった・脱いい子できた

 

アダルトチルドレン改善マニュアルを試すまでの私って、正直媚を売ってたと思います。

 

「私があなたにテンプレートのやさしさや女性らしさを与えるから、あなたは私に愛を与えて」という気持ち悪い恋愛関係を強いていたという冒頭のお話です。

 

例えば禁煙車だって言っているのにタバコを吸おうとしている交際相手に、ため息つきながらもコンビニに駆け込んで携帯吸い殻入れを買ってきたりしょーもないのばっかりやっていました。

 

なんというんですかね…女の武器を使うとかそういうんじゃないんです。ほんと「子供が親に認めてほしいがためにいい子になって気に入られるように振る舞う」、例え常識的に考えて「そりゃないだろう?」と思うようなところでもです。

 

改善マニュアルを試してからは「いい子でいるなんて疲れるだけだ」と開き直れるようになってます。

 

LINEをくれているフィアンセに返信しないと悪いかなあ…と思っても体調がすぐれないときは自分を優先したり。

 

以前は体調が悪くても返信していたけれど、かえってこれでいいんだよなあって思えるようになりました。

 

 

相手のために尽くしすぎるのを止めれるようになった

 

いい子も度を越すと「相手にとって重たすぎる女性」になって、私はどうやら相手に尽くし過ぎてダメンズを余計にダメンズにしてしまっていたんです。

 

「ストレスのはけ口が交際相手以外にどこにあるんだ?」と言いながら仕事の愚痴を私に何時間にわたっても言うようになって八つ当たりされるような時もありました・・・

 

また、「俺はあなたじゃない。」なんて痛烈な言葉を言われたりしていたんですが、尽くしすぎると相手も気持ちの悪さを感じてしまうのだろうと思います。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルを試してからは、「どこまでが交際相手として適度な気遣いなのか、どこからが尽くし過ぎなのか」が線引きできるようになっています。

 

相手は大人の男性ですから、他人に世話を焼かれなくても成り立つんですもんね。

 

親しき中にも礼儀ありというけれど、「私があれこれしてあげないとこの人は生きていけない」って扱いされると、他人との境界線が無くなってしまうので、土足で踏み込まれたようで気持ちが悪くなるんだと思います。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルを読まなければ絶対にこんなのもわからなかったと思えてます。

 

 

四六時中相手のことを考える自分をやめ、自分の時間を大切にするようになった

 

アダルトチルドレンって「子供みたいな親」をケアする「大人みたいな子供」が多いんです。

 

私は自分がいないと親は離婚してしまうと考えていたし、母親は自分が守らなければならないって思って生きていたから共依存関係ができてしまっていました。

 

私はよく異性関係でもいつのまにか共依存関係を繰り広げてしまう場合が多かったんですよね。交際相手のことばっかり考えて一日を過ごしている、仕事の時も眠る直前も、です。

 

けれど結局それって前述してきたような「相手のルールの中で生きる自分」であって、どこにも自分を大切にしている部分ってないんですよね。相手のルールの中で生きていれば愛されるって思っているけれど、そこに幸せって見出せるはずがないんです。

 

自分をないがしろにしている人が幸せを見つけるのはとても難しいはずですから。

 

仕事しているとき、家事をしているとき、一つ一つの目の前の出来事に対して、自分は何を感じてどうしたいと思っているのかを一つ一つ感じ取るようにしたら、「彼で埋め尽くされた一日」を続ける日々を卒業できたような気がします。

 

 

こんなポイントがアダルトチルドレン改善マニュアルを試して実感した自分自身の変化です。

 

このマニュアルは医療行為のメンタルケアでもないし、怪しい教材でもないです。

 

自分のアダルトチルドレンの課題を自分で見つけて、課題にメスを入れて行くセルフケアですが、私にとっては「理路整然とされてて胡散臭くなく、取り組みやすいマニュアルだった」と実感できています。

 

私のアダルトチルドレンの体験談は、あまりドラマチックではないかもしれませんが、一番手に入れたかった「穏やかな安心」を現在の婚約者によって感じさせてもらっています。

 

人を裏切らない、怒らない、付かず離れず私に寄り添ってくれる、何でも話せる、こんな最良のパートナーに出会えたのは自分自身にとっては奇跡です。

 

こうした幸せが私にやってくる今がずっと続くようにお互いに関係性を大切にしていきたいと思っています。

 

>>アダルトチルドレン改善マニュアルを詳しく見てみる

 

 

アダルトチルドレン改善マニュアル以外に実践した克服方法

 

私は婚活をはじめて1年内に絶対に結婚すると決めていました。

 

だから結婚を邪魔している原因はできるだけ根本的によくしておきたいって思えていたので、アダルトチルドレン改善マニュアル以外にもいろいろと試したんです。

 

ここでは効果が実感しやすかったものをご紹介します。

 

 

母親と決別した

 

30代後半まで私はずっと母親と一緒に暮らしていましたが、ある出来事をきっかけに家を出て一人暮らしを始めました。

 

「独り暮らししたら、体を壊すわよ」とか「あなたがいなきゃ張り合いが無くなってしまう」などと引き留められたのですが、知ったこっちゃありません。

 

母親と一緒にいては自分の人生がよくはならないと思ったので、住民票を移す、一切会わない、母親の親戚の葬儀にも出ないようにしました。

 

そこまでやるかと言われたらそれまでですが、絶縁同様のことをしないと毒親の影響を断つのは難しいものなんです。

 

おそらく母親は自分自身が毒親であるのを一生気付かず「子供思いのいい母親」と思っているでしょう。

 

 

嫌いなモノにNOを言い、ストレスを感じる人間関係を断った

 

私はアダルトチルドレンであり、HSP(ハイパーセンシティブパーソン)です。

 

HSPは感受性が高すぎるあまりに社会生活に支障が出るようになる一面を持っており、私の場合は常に緊張を強いられる家に育ったので余計にHSPの傾向が高まってしまいました。

 

だからFace BookのようなSNSを見ていると、いろんな人の投稿から知りたくない膨大な情報をキャッチしてしまって気持ち悪くなるなどの「感受性の高さゆえの影響」があります。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルを試してから、「一体だれのための何のためのSNSなんだろう?」と思うようになり、face bookをはじめとしたすべてのSNSを止めました。

 

 

また、これまで人間関係で無理していた部分があります。

 

浅い人間関係であってもいい人でいなければ、嫌われないようにしなければ、と思っていた自分は無理に相手の話に合わせたり、興味のない話も興味があるような態度を取って「おかしなネットワークビジネスの勧誘」を受けるようなパターンもありました。※そんな気はないと断っていたのにそう見えてしまったんでしょうね

 

 

SNSや要らない人間関係を断ってから、ストレスがほとんどなく毎日が過ごせるようになっています。

 

 

自分をとことん∞労わる

 

ハッと気づいたのですが、人一倍感受性が高く、そして他人のルールの中で生きている自分は自分をまったく大切にできていませんでした。

 

そりゃそうですよね…他人のルールの中で生きているんですから、自分が疲れても悲しい思いをしても自身をケアしようとは思わなくなります。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルを試してからは、

 

  • 疲れたと思ったら眠る
  • 肌が乾燥していると思ったら、おうちでプチエステする
  • 体にいいとか悪いとか関係なしに、週一くらいで心から欲する食事をしてみる

など自分自身をいたわる時間を増やしたんです。

 

こんな何気ない時間の中で傷ついた自分自身が癒されていると思うと、もっと労わりの時間を増やそうと思えてきます。

 

 

自分自身を好きになれる活動を増やす

 

アダルトチルドレンの私は他人の中で生きていたようなものなので、趣味らしい趣味もありませんでした。

 

自分を好きになれる方法はないか?ありのままの自分でいられる方法はないか?と考えた時に、「考えるよりまず行動」だと思えたので、できる活動から始めました。

 

  • 料理教室
  • 自然に触れる旅
  • 体を動かす
  • ペットと一緒に過ごす時間を増やす

旅や運動や婚約者と一緒に取り組んで楽しませてもらってます。

 

こんな何気ない時間の中で、自分自身の感情がいろいろと湧いてきます。

 

親から離れて自分の感情を取り戻すにはある程度の時間がかかりますが、急がなくても幸せはやって来る時にやってくるって信じて一つ一つを積み上げるしかないです。

 

もしかしたら結婚相手も機能不全家族の中で育ったのかも…AC同士の結婚も悪くない

 

私の婚約者ももしかしたらちょっとした機能不全家族の中で育った男性かもしれないです。

 

けれど、いまどき機能不全家族は8割と言われる時代だから、AC同士の結婚なんて普通にあり得る話なんですよね。

 

AC同士で結婚した方がうまくいくとも言われており、お互い同じような境遇で育っているから理解し合えるところも大きいと思います。

 

AC同士で結婚して、「機能不全家族の中で育ったという連鎖を断ち切る」のは一番重要です。

 

これは、「お互いに機能不全家族の中で育って嫌な思いもしたけれど、自分がつくるこれからの家族はそうじゃない。幸せな家族をつくるんだ。」といった思いを共有して二人で実践するところから始まります。

 

ACは人の気持ちがよくわかる人が多いと思うので労わりを持って接すると言うんですかね。

 

簡単な話ではないと思うんですけれど。

 

結局子育てで苦戦して、アダルトチルドレンである自分にまた別な人生のステージで苦しまないように、私は以下のアダルトチルドレン改善マニュアルをためしたんです。

 

 

アダルトチルドレン改善マニュアルの商品情報・購入方法・特典

 

アダルトチルドレン改善マニュアルが向いている人、商品情報、購入方法や、私たちからのご購入特典をお知らせします。

 

アダルトチルドレン改善マニュアルが向いている人

アダルトチルドレン改善マニュアルが向いている人は下記のような人です

 

 

自分はアダルトチルドレンだという自覚がなくても、上の項目に「めちゃ当てはまる!」という場合でなかなか結婚できないと感じている人におすすめです。

 

 

アダルトチルドレン改善マニュアルの商品情報

 

アダルトチルドレン改善マニュアルの商品情報は以下のようになっています。

 

特定商取引法上の表記

 

 

  • 販売価格:19800円
  • 販売会社:株式会社ハイパーコンサルティング・ジャパン
  • お支払い方法:クレジットカード、銀行振込、コンビニエンスストア、ビットキャッシュ、ちょコムマネー

 

 

特典とその受け取り方・アダルトチルドレン改善マニュアルの購入方法

 

こちらのサイトではアダルトチルドレン改善マニュアルは私たちによる「半年間のメールサポート特典」をお付けしています。

 

婚活は「自分の頭の中だけで考えて活動してもどうしてもいい結果が出ない」ことだらけです。

 

たくさんのご相談を受けてきた私たちからアドバイスできる部分はあると思いますので、どんどんメールサポートを活用して下さい!

 

アダルトチルドレン改善マニュアルは以下の青色のバナーからご購入いただけます。

 

 

すると以下のサイトが開きますので、最下部の緑のバナーをクリック。

 

 

 

「電話でのご注文はこちら」をクリックされますと、私たちからのサポートは受けられませんのでご注意ください。

 

すると以下の画面になります。紹介者の特典で「UA」となっていれば私たちからの半年間のメールサポート特典を受け取れます。

 

 

皆さんの婚活がうまくいきますように祈願してます!